Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
受賞する



K先生からメーリスが各期にまわってしまっているらしい・・・(汗)
ということで、立場的にココで事実関係を明らかにしておきます。



昨年の夏に最初で最後の学会発表を行った。
司会者(座長)、コメンテーターの先生に一定の評価は受けたものの、
研究としてはまだまだで、研究者としてのレベルの低さを実感したものだ。


今年度も昨日今日で同じ大会が東北某所で行われた。
(当然、私は関係ない身分・・・)


金曜日、大学院の指導教授のI先生からメールと電話を受けた。
選考委員会を経て理事会で承認されたとのこと。
そして、すぐに会場に来なさいという指令。



ん??


え?!!



なんと 研究奨励賞を受賞 してしまった。




歴代の受賞者の多く(ほとんどか?)はいまや大学の教授や
准教授担っている方が多く、非常に名誉ある研究者としての登竜門の賞。

私ごときが賞を貰うなんて・・・
たとえていえば、甲子園の9回の裏ツーアウト満塁の大舞台で
一回も試合に出ていない新人がいきなりサヨナラホームランをかっ飛ばして
しまったような珍事。


自慢じゃないけど、私は人生において「表彰」というモノにはほとんど縁がない。
個人として表彰されるといえば、書初め以来か?いや修了式の論文賞以来。

それもこのような大きいものは人生初。
ほんとうに恐縮するしかない状態・・・・・
すいませんすいません。




懇親会では選考委員の先生方と話をする機会があったのだけど
その評価に揺れ動かされる気持ちがあった。

研究の道は自分の中で一度終了したのだけど、
やはり運命がそちらの方へ導いているような気がしてなりません。

私の中で研究者(の卵ですが)のモチベーションが揺れています。





スポンサーサイト
よね
すごいです。
おめでとうございます!
お祝いしなくちゃいけませんね。
2009-08-06(木) 02:01:24 | URL | [ 編集]
ひろ2
素晴らしい。
おめでとうございます。
2009-08-06(木) 15:25:47 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>よねちゃん

早くお祝いしてください(笑)
貴殿も学会発表頑張ってください。
2009-08-07(金) 10:14:55 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>ひろ2

ありがとうございます。
ご無沙汰してますが順調ですか?
2009-08-07(金) 10:16:16 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。