Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
WBC連覇にみる日本人観
やってくれた!
WBC第2回大会優勝。連覇だ!!

正直、韓国だけには負けてほしくなかった。
韓国は、1次リーグでもマウンドに国旗を打ち込み、
私の中では必殺仕事人(古いッ!)の悪役に対する
ような表現しようのない怒りや憤りが渦巻いていた。

私はこう見えて(どう見えて?)日本大好き。
「日本代表」と「限定」いう言葉にめっぽう弱い人間だ。

だからこそ、決勝で愛国心と感情の塊であり
日本を敵視(ライバル視?)する韓国には絶対に負けたくないのであった。

(なんか話が右の方へ行っているが・・・・)


8回に3-1になったときは「もう大丈夫」と思ったが、
なんと追いつかれ、それでも延長クライマックスで
ここまで不振を窮めたイチローが最後に決めるところなんぞ
まさに日本人が好む「浪花節の世界」だ。



日本人のメンタリティーの弱さが都度問題になる中で
今回、その重圧に勝った。なぜか?
北京五輪での惨敗が一皮むけた経験となったのだろうか。
はたまた負けたことでチャレンジャーとして貪欲に戦ったからか。
いずれにせよ、今までにない日本人観で勝負できたことは
同じ国民として非常に興味深い。


さて・・・
今回、WBC中継中に外に出ることがあったのだが、
若者よりも中年のおっさんがワンセグを見ている光景を多く見た。

やはり野球というスポーツは伝統性があり、
多くの中年親父のハートを掴んで離さないのだろう。
(まあ私もその一部だが・・・)


今回の優勝は前回よりも格段と嬉しい。
今も一人祝杯を挙げながらこれを打っているところだ。

嗚呼、最高の日。
日本人で良かった。




それにしても今日は出張していたのだけど
地方ではワンセグが入らずイライラした。


スポンサーサイト
たわリス
いやー、おじさんの心だけじゃなく、
おばさんの心もつかんでます。
熱戦の結末を確かめたくて、
つい医者へ行くのをさぼってしまいました。

本当良かったですよ。感激。感動。
2009-03-25(水) 01:00:46 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>リスさん

おばさんという自覚ですか?
自覚した時点で負けです。w
2009-03-28(土) 10:28:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。