Can not change the past, but we can change the future.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
君の往く途は果てしなく遠い

なのに何故歯を食いしばり
君はゆくのか、そんなにしてまで・・・・・・


サクラサクの時期。

今日、大学院の後輩某君の博士後期課程合格の吉報を知った。
彼だけでなく、たぶん同期の某氏も2次まで進んだとのことで
たぶん合格しているだろう。

とにかく目出度い!
ぜひともやり遂げて欲しいとこころから願う。


大学院博士後期課程は未知なる世界だ。

大学時代の恩師から言わせれば、
「修士は、鋸山(千葉県)程度。博士号はエベレスト。そのくらいの差がある」
とのこと。

また、大学院で某塾を開講頂いた先生は、
「博士後期は風呂にまで本を持ち込んで死ぬ気で勉強していた」
というほど。

私の認識(というか事前情報)では、その厳しさ歴然なのである。

しかしながら、それだけ博士号という学位のもつ意義と価値は
他に変えられないものがあるのだろう。


正直、羨ましい。
今の私は、そのスタートラインに立てる状況にない。
いつの日か、その地獄への切符を手にしたいものだが、
そこまで夢と希望の灯を維持できるだろうか・・・・・


スポンサーサイト
LEON
今は不安の方が大きいですが、できる範囲で
頑張ってみようと思っています。

来年、待ってます。
2009-03-08(日) 23:57:26 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>アニキ@管理人

待たなくていいです。
どんどん進んじゃってください。
2009-03-11(水) 22:24:09 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。