Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
コメンテーター
今日は依頼を受けて、大学院関連のイベントが2つ。

まずは、午前中学部生の授業(最終プレゼン)のコメンテータ役として参画。
「学部生でここまでやるか」と感心するような非常に高いレベル。
これはビジネススクールでも通用すんじゃねーの?と思ふ。

3つのグループそれぞれにコメントしたが、
コメントするって意外に難しい。
否定するのは簡単なのだが、よいところを見つけて動機付ける。
ただ、褒めていてもよろしくなく、具体的にどうだからよいのかを明確にしないと
動機付けにはまったくならない。

最後のチームには昨晩徹夜したくらいの苦労のあとが見受けられたので
「質問です。昨晩、徹夜しましたか?」というと、
発表していた女子が泣き出してしまった。

いやはや・・・
また泣かせてしまった。
よくやるんだなぜか私は。

とにかく先生の力は偉大であると改めてわかりました。


さて、昼食をSP会館で食そうと立ち入ると、バッタリ指導教授と遭遇。
久しぶりで元気そうだった。

そのあと、BIZCOMの取材を受ける。
論文の経験談のようなインタビュー。
7期生は何か我々5期生に似ているところがあるなあと感じた。
楽しみながら真摯にトライしようとしているところが非常に共感がもてた。
ぜひ頑張ってもらいたい。


スポンサーサイト
KING
昨日は有難うございました。
コメントが適格かつ上手で、「そうか、こう言えばいいんだ」と感心しておりました。

こんどは「たまお」を泣かせてください!!
2008-12-21(日) 08:42:03 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
こちらこそ勉強になりました。
つたないコメントでも学生さんたちが
満足してくれれば本望です。
どうだったかわかりませんが・・・

次回はぜひたまおを泣かせます(笑
2008-12-23(火) 11:53:37 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。