Can not change the past, but we can change the future.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
SUVの魅力


今格段に欲しいクルマが↑のHummer(ハマー)H3である。

このハマーはアメ車なのだが、かのアーノルド・シュワルツネッガー知事が
昔作らせた(市販モデル発売を各方面へ依頼させた)といわれるクルマである。

アメリカ軍用車を民生仕様としたもので、GM等が生産(南アフリカでも生産)し、
日本では三井物産が正規に輸入している。もちろん街乗りというよりも完全に悪路走破仕様
なので、パリダカでも乗られ好成績を収めている大型SUVである。


このH3の魅力は、なんといっても日本車にはない「存在感」。
横幅がほぼ2m近くあり(一般的に日本の市販車は1.6~1.7m)
全体を見回しても、日本車よりはひとまわり大きい。
H1やH2ではさらに大きくなるので日本の道を自由に走り回るのは難しいが、
H3は街乗りもこなせる。ただ、入れる駐車場はきわめて少なくなるだろう(立体はまず無理)。

燃費も気になるが、6km/l くらいは走るそうだ。
アメ車ということを割り引いても、まあ・・・まあ・・・・である。
2008年仕様は右ハンドルも発売されてさらに日本でみかけることも多くなるだろう。


原燃料高騰の時代にまったく逆行したクルマだろうが、
遊びが主となる時代には、こんなクルマで有意義に過ごしたいものだ。
まあ、買えるかが問題なのだが。




スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。