Can not change the past, but we can change the future.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
勝負


先般の出社拒否事件(笑)以来、上長がすごく気を遣ってくる。
それも非常に気持ち悪く、仕事もやりづらいので、
直接腹を割って話すことにした。

実は、先般休んだときに、自分のストレス要因を洗いざらい書き出し
それを整理しておいた(これは体内ストレスを解消する際に有効です)。

まさか、すぐにその出番が来るとは思っていなかったが
そういう流れになってしまったので仕方がない。
ある意味、この会社で働いていくか、完全に見切るかの「勝負」である。


嗚呼・・・転職先も決まっていないのに。
(後悔したけど遅い、タイミング悪いのは毎度のことだ)


上長には、大学院に行ったきっかけから、在学中に考えたこと
修了後の会社の評価、処遇の問題、キャリアプランなど
正直に話し、一定の理解を得られた。
一番驚いたのは、いつも会社を辞める社員に対して
「背任行為だ」「敵前逃亡だ」とののしる組織コミット1000%の上長が
「俺の若いときと同じだと思ったよ」
「君のキャリアの中で辞めるという選択肢ならそれも仕方ないな」
と言ったことだ。

とりあえず、辞めるときは相当もめるな~という障壁はなくなったと。
あとは、上長がどう幹部にアクションするかにかかっているというわけ。



人生のターニングポイントかな。






スポンサーサイト
さくら♂
ぅお~!勝負出ましたね
ファイトっす!

学校通うようになって自分のキャリアについて
いろんな角度から見れるようになりました
(気のせいかな、、)

自分の目指すべき姿に一番近い意思決定を
繰り返していきたいと思ってます
2008-06-17(火) 22:41:55 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>さくらさん

一応やるだけやったので
あとは野となれ山となれです。
でももしかすると役員面談が設定されるかも・・・ですわ。
2008-06-18(水) 00:47:51 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。