Can not change the past, but we can change the future.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やり遂げたあとに涙は流れる
今日は最終提出期限日。
同期の皆は無事に提出出来ただろうか。
情報によれば、去年のような焦燥と悲壮のカオスではなかったようだが
我らが5期生。絶対にやり遂げているはずだ。


夜、都内某所で当ゼミの祝提出記念会があった。
皆、一応自分のミッションを終え、肩の荷が下りたという
感じがありありとしていた。
気がつけば5時間も飲み、食い、談笑が続いた。

もうゼミも残すところ、あと1回である。
皆の心境は「寂しさ」が大勢を占めている。


先生にお礼の一言を全員が述べた。
そして、先生からもお言葉があった。
多くを語らない先生の指導方針。でもその裏にはものすごい
計算された私たちへの想いが詰まっていた。
そして、

「自分がよぼよぼになるまでこれから君たちと一生の付き合いがはじまるんだよ」

という言葉を聞いたときには涙が出た。
約1年間、ゼミ等を通じて先生の科した壁を乗り越え、
本当の弟子として、人間として認められた瞬間であった。


まさに本物の「師」というべき素晴らしい先生と
出逢えた自分の運命に感謝したい。


スポンサーサイト
てっちゃん
私も先生と皆様に感謝してます。この1年ゼミお疲れ様でした!まずはラストゼミに注力します。
2008-01-13(日) 03:15:40 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>てっちゃん

あれだけ弄られるという事は
それだけ認められているからだよ。
てっちゃんって呼んでもらえたし。
あともう少し頑張ろう。
2008-01-13(日) 12:06:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。