Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
CM論4/音楽が売上に貢献する
いろいろなCMが氾濫する現代社会。
従前から誰もが認知している通り、CM業界は激しい競争環境下である。

たった15秒、30秒の時間が勝負のコマーシャルメッセージ。
現在の考え方は、繰り返しの回数(量)ではなく、
たったはじめの5秒間が勝負。つまり印象度で決定づけられるそうだ。

そこで人に対して印象付けるのは
音楽か、ストーリー性(長く見せる)ということになる。
個人的には、最近の主流はこの2つではないかと思う。





私がどうしても印象に残るCMは↑コイツ。
トヨタのブレイドだ。
あの井上陽水のmake up shadow にのせて流れるCM。

あの一世を風靡した楽曲が、我々の年代のみならず男心を擽る。
「大人しくない大人に」というコピーもすごくいい。


車自体は、はっきり言ってどうってことない。
どうってことないというのは、このクラスのコンパクトカーと
大差がないという意味だ。
それでも、昨年12月に発売されて1カ月間で、目標の2.5倍の7,500台を売り上げた。

1~6月の半年の販売台数は、21,220台でマークXを超えている。
CMが数ヶ月放映されない期間にやはり台数は落ちているが、
それでもこの台数はCM効果といわざるを得ないのではないか。



●発売当初展開CM


●2007年8月現在展開CM



スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。