Can not change the past, but we can change the future.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
修士論文に確定



↑院生室前工事中。
こんなに狭くなって、後期どうなるのだろうか・・・
とても心配な今日このごろ。


で、今日は久しぶりのゼミ。
メンバーからは、現在の進捗状況が報告されました。
自分的には進んでいるのかな・・・と短絡的に思ってたら
皆の方が明らかに進んでいました。

そろそろ、本格的に論文に着手せねば。

でも、今日のゼミで目次(いわゆる章立て)の指摘を受け
かなり骨子は固まってきました。


ただ・・・・


当初、修士論文だった私だが、指導教授より
『修士論文なら1日17時間研究せよ』の命令を受けて、
速攻で、調査研究に鞍替えた・・・・・・


はずが・・・


アニキ君は調査研究なの?修士論文だろう」と言われ、
指導・要求レベルがほかのメンバーよりも高くなること必至と
目出度く確定。
(他の全日制研究科や他大学院と同レベル以上のアウトプット
 を出さなければならない。それができるなら修士論文を選べって言っ てたからなあ)



なんか、執筆といい、論文といい、
集中的に攻撃されているような気がしますが・・・・何か?




スポンサーサイト
はー
KゼミでDBAや後期博士課程の方と一緒にゼミをしていると、修士論文なんてゆるいゆるいと感じています。

博士課程の方は毎回学会報告や査読論文で本当に大変そうです。進行がおそいとK先生から「休学したほうがいいんでは!」と叱責が飛んでます。

K先生の執筆についてのコメントなどゆるいほうだとお考えください。

2007-08-27(月) 09:27:13 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>はーさん

そのようですね。
他大学院の方からコメントいただいたのですが、
通常の教授は、無視という攻撃が普通のようです。
つまり指導するに値しないと。
でもK先生は違います。
厳しくも粘り強く接してくれます。
そういう点が本当に素晴らしいのだと今回わかりました。
2007-08-28(火) 22:04:53 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。