Can not change the past, but we can change the future.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
企業価値研究会終了
本日、企業価値研究会が17時から行われた。
今回は私のプレゼンの番であったが、
予想通り、相当な議論と発展した。その時間90分・・・


取り上げたテーマ
企業価値向上に資する変革ミドル・リーダーシップ』は

組織変革を起こすのはトップではなく、日本企業経営の特色でもある
ミドルマネジメント層の力によって発揮されなければならず、現代の
環境にマッチしたリーダーシップスタイルによって、パフォーマンスや
業績が高まる。ゆえに結果として、企業価値を高めることにつながる。
というロジックである。

リーダーシップ自体、世界中で多くの研究が行われているものの
一番解明されていない分野でもある。

さらにわが国ではこの分野では完全なる後発であり、その証拠に
amazonでの「leadership」の検索では15,017冊であるが、
紀伊国屋webでの国内書物のは全部で588冊である。

実際、今さまざまな先行研究を見ているが
国内のものでは事足りない部分が大きい。



まあ、機会があれば別の場でこの研究については語ることにするが、
とにかく、本日の発表をもって、企業価値研究会は終焉となった。

今後は、各自が執筆を進め、教授のダメ出し(数回)を食らい、
順調であれば、来春には晴れて共著による出版となる見通しである。


だた、学外の方は本屋に並ぶ可能性は極端に低いので、ご了承願いたい。


[今日の授業:]
 PM ゼミ⑧13:10-17:00
   企業価値研究会(発表)17:00-19:30
スポンサーサイト
アネモネ
私の属する会社はいわゆる大企業ですが
故に所謂大企業病から脱する事が出来ずにいます。

その中でもミドルのモチベーションダウンが
我々ロアーに重くのしかかり、メンタル面から
生産性のダウンが多く見られます。

多くの経験や技術を持ち、リーダーシップを発揮しながら
そのベクトルが見つけられないミドルの動機付けは
何なのでしょうか?

『企業価値向上に資する変革ミドル・リーダーシップ』
・・・非常に興味深いテーマです。

一般書店に並べて下さい!!
2007-06-24(日) 08:34:13 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>アネモネさん

そういう定性意見はとても貴重です。
弊社の場合も同じです。ですから問題意識は
同じところだと思います。

他の同期も興味深いと言ってくれるので
とても頑張りがいがあります。

ただ、出版数がごく僅かですので
書店に並ぶのはほぼ無理かと思いますが・・・(苦笑)

2007-06-24(日) 18:05:11 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。