Can not change the past, but we can change the future.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ざっくりといこう



『ざっくり分かるファイナンス』 
石野雄一著 光文社新書 :¥756 



アニキ的オススメ度 ★★★★★



最近いろいろな本を読んでいる。
といっても、ほとんどが研究に関係のあるものばかり・・・

そんな中で、同期から
これはいいよ
と勧められたのがこの本↑


ファイナンスはちょっと~という人はもとより、
MBAでファイナンスを習った人は「ああ、なるほどね」と
復習や自分の知識の確認を行える本。

内容についても本サイト左←に列挙してあるオススメの
「道具としてのファインス」の著者が書いているだけあって
折り紙つき!

その証拠にamazonでの評価もオール5です。


●経営者にとって株主資本コストよりも負債コストの方がリスクが小さい

●企業のIRの目的はWACCを下げること

●負債は節税効果

●「格付け」の影響


など、中には当たり前の話もあるけれど、
ビジネスパーソンとして備えておくスキルです。

あんまり大きい声では言いたくないけど、
はっきり言って、超オススメです。

スポンサーサイト
ikadoku
こんにちは。
「ざっくり分かるファイナンス」読みました。
確かに、復習や自分の知識の確認できる良書ですね。
実務的には「道具としてのファイナンス」
の方が役に立ちそうです。
TBさせていただきます。
2007-07-04(水) 12:37:39 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。