Can not change the past, but we can change the future.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ランゲージアーツ
ランゲージアーツという今期開講科目を履修してみた。
講師は、日本サッカー協会でカリオカ(ラモ)にも教えていた人。

講義の内容は非常にためになる話。
日本人に決定的に欠けている「よむ」「かく」「きく」「はなす」と
いう母国語の基本動作を演習などを通じて会得する。


いわば、ロジカルシンキングだ。


講義自体は文句のつけようもなく
とてもいい感じなのだけど、
ちょっと問題点が・・・・

①履修者が多すぎる。
 履修者が多いと身にならないのが過去の経験。
 少なければ少ないほど、血となり肉となる可能性高し。

②場の空気を読めない人が・・・
 多くは語りませんが、うちの研究科でない人が
 ちょっと日本的でない行動が強すぎます。


終了後、待ち構えていたのは研究科幹事長のking。
コンサルメソッドの方が人数が足りず、授業が成立しないそうだ。

でも、1があの体たらくで
2は皆独自に回避行動をとったということは
それぞれの思惑が一緒ということで。


で、とりあえず2日レンチャンで飲みに行きました。
今日もなぜか午前様です。


[今日の授業:ランゲージアーツ①18:30-21:40]
●イントロダクション
●基本四動作の確認と演習

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。