Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
井の中の蛙、大海を知る
大学院で学んでいると、大学とは違う何かがある。


同期はさすがに高次元なモノの考え方をする。
院レベルだから当たり前といえば当たり前だけど、年齢とか経験を超えた
数奇な思考を持っている。それはそれで良い影響を与えてくれる貴重な関係。

お互いのバックグランドなどを話したり、授業で様々な教養を得ると、
私なんか何でこんなチッコイ、ミミッチイ世界で生きているのか・・・と感じざるを得ない。
いかに自分の働いている会社がツマラナイ人間関係だけで出来上がっているのかよーくわかる。

そこにあるのは「アンテイ」という檻。

しかもそのアンテイも退職までは保障されていない右肩下がりの収益。
「抜本的改革をするんだ!!」と言いながら結局つまらない人間関係に
縛られてほとんど何も出来ず口だけに終わる会社・・・・・(ヘドがでる)


愚痴って申し訳ない。


ただ言っておきたいのは私は会社が嫌いなわけではない。
自分の働いている会社は少なくとも良い会社だと思いたいし、良い会社にしていきたい。
ただ役員でなければ本当に会社を変えていくのは困難であるのはこれもまた事実。


未来はどうなるかわからないが、
大学院進学は間違いではなかった
と言えるように今は精進すべきときでもある。そして私はこの時間も勉学に勤しむ。
スポンサーサイト
ひろひろ
理想と現実の、はざ間でって感じですね。
経営の勉強をしていると、特にそう感じます。
私ですらそうなのでしょうから、gonzoさんの思いや想いはもっと強いのでしょうね。

「xxxを辞めさせればいい」なんて声が聞こえた時
「じゃあその後はどうすれば良い?」
「辞めさせただけで良くなるの?」
こういう質問を投げても、明確な答えは返ってこないのです。
それは何故か?考えているようで、何も考えていないから。
現時点のことだけで、未来のことを考えていないからです。

私はこういうことにうんざりして・・・
年齢を経るにつれ不平不満を言うのではなく、自分で変えていこうと考えるようになりました。
そのためには偉くならなければ・・・偉くなるのに何十年かかるんだ!?1人でできるのか!?

私の場合は、何かを変えようと思う前に、自分が変わらなきゃと思いました。
勝負の場所は、この現実という場所です。
私は、gonzoさんのコメントを見て、足元をすくわれないようにしっかり足元を見定めようと思いました。
2006-05-07(日) 13:41:13 | URL | [ 編集]
gonzo@管理人
>ひろひろさん

私はこの会社という狭い世界でコマコマしていくのも嫌ですし、でも偉くならなければ何もできない。しかし、日本企業という組織文化の中ではそれも難しいのも事実。
それでは自分を高めることがまずは最善の方法ではないかということもあり、今院で学んでいます。
修了したところで簡単にはいかないと思いますが、ベストを尽くすのもまた一興であります。
2006-05-07(日) 16:05:47 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。