Can not change the past, but we can change the future.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
苦しい時こそ、前のめりであれ



NHK「プロフェッショナル(仕事の流儀)」を観た。


今回フォーカスされたのは、DeNA社長 南場智子氏↑。

彼女はハーバード大学MBAホルダーであり、
34歳でマッキンゼーの日本法人のトップというピカイチのキャリア。
37歳で社員4名と起業。オークションサイトDeNA設立。
現在、現職でありながら内閣IT戦略本部員。


彼女の信念は「苦しい時こそ、前向きであれ」


人材を育てるのは人ではなく「仕事」であるとも語っている。
「今までできていたことよりも、ひとつ上のことをリスクを持って
お願いする」。それが重要だと述べている。

うまくいっている事業でもチームのエースを配置転換し、
残りの社員のやる気に火をつける。

まさに苦しい時こそ、前向きであれ。
苦しい時を乗り越え、成功体験を得たときこそ
人間は1歩も2歩も成長できる・・・・

自分の経験に裏打ちされてのことだろう。


そのキャリアから知性があるのはもちろんのこと、
TVを観た限りにおいては、仕事に対しての真摯で厳しい姿勢、
リーダーに必要な、意思決定能力、行動力の高さも垣間見た。


それに、人と接するときのとびっきりの「 笑顔


その笑顔が何よりも人をひきつけるのだろう。
そんな笑顔がすごく印象に残った。



スポンサーサイト
【2007-03-08 22:47】 | リーダーシップ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。