Can not change the past, but we can change the future.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
事件は現場で起こっているんだ!



『踊る大捜査線に学ぶ組織論入門』
金井 壽宏、 田柳 恵美子 (共著) 
かんき出版 : ¥1,575  


アニキ的オススメ度 ★★★☆☆



神戸大学の金井教授が「踊る~」を題材に、
組織論、リーダーシップ論を解説する同書。

簡単な読み物と思いきや、組織理論がふんだんに盛り込まれている。
そういう意味では、一種のケースとして読むのが面白い
組織だけなく、組織行動、心理学、社会学などの理論が随所に出てくる
ので、辞書的要素もあるかと思われる。


青島、室井、和久、恩田、沖田・・・・・

数々の主人公の行動、関係性を粒さに分析。
奥深い考察に納得のいく部分あり。


そしてあの数々のセリフ・・・

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」

「室井さん、命令してくれ。俺はあんたの命令をきく!」

これらに秘められた裏の心理には何があるのか・・・
非常に興味深く読めた。
(一部、そこまで・・・っていうところもあるけれど)


いずれにせよ、組織論を理解したい・・・
という人にオススメです。
踊る~だけって人には不向きかと思われます。




そういや、俺って現場主義だな・・・
偉くなりそーもないし。



スポンサーサイト
たわリス
うちの会社では「事件は現場で起きてるんじゃない。会議室で起きてるんだ!」が定説です。
この言葉に隠された意味は、果たして…
2007-02-05(月) 23:22:59 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>たわりすさん

それは官僚制組織の最たるものですな。
ちなみに弊社も同じです。
室井としてはキツイところです・・・
2007-02-05(月) 23:26:20 | URL | [ 編集]
あおしま
お久しぶりです,室井さん。
惹かれるタイトルですね。このタイトルには反応しなくてはいけないかと。最近は魅力あるタイトルの本が多くて,本屋さんに行くとついついあれもこれも欲しくなってしまいます。名は大切ですな。

もう一年以上前ですが,私は経営組織のデザインのSCの最終テストで「踊る大捜査線に見る望まれる組織の形」と題して書きました。自分としてはまじめに書いたんですが,先生にふざけてると取られるか心配でした。
フィクションで脚色はあるものの,セクショナリズムの弊害や意思決定の迅速化のためのフラット型組織のまじめな点から見てもおもしろいドラマだと思います。
2007-02-06(火) 23:18:38 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>あおしまさん

食いつくと思いました。
というか食いつくようなネタですが・・・(笑)

組織形態だけでなく、チームワークや
リーダーシップなどの視点からみても
様々な人間模様が微妙に影響しあって面白いです。
日本独特の官僚制組織だからかもしれません。
2007-02-07(水) 12:56:55 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。