Can not change the past, but we can change the future.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
死と向き合う



今日、同じ課の課長の実父の告別式があり、私は会社側の手伝で参列した。


何回出ても、告別式は決して良いものではない。

一度も会ったこともないのに、ましては話をしたこともない故人なのに、
なぜか涙が止まらない。



※このあとは読む人を不快にする可能性があります。
 気分でない人は読まないでください。


私は1999年の10月に母を病気で亡くしている。
父が会社人間だった我が家で唯一の理解者であった母親。
ちょっと美人で気立ての良いという評判。自慢の母であった。

90年に入ってから突如病気が発覚。
入退院を幾度と繰り返し、数度の大手術を行い、
次第に生に対する体力・気力を奪っていった。

そんな母をみて、周りは亡くなった後のことを話すようになっても
私はひとり「絶対に死ぬわけがない」と頑張った。


しかし、今度こそもうだめだというときがきた。


私はモルヒネを打って幻覚症状に苛まれる母をみるに耐えなくなり
仕事に回避した・・・

母は私が病院に行く日の朝、朝食のあとに容態が急変して
そして、亡くなった。
亡くなったとき、母は涙を流してこの世を去った。
さぞ無念だっただろう。


死に目に会えなかった・・・・


この事実がそのあと私を苦しめることになった。
母が亡くなる直前に書いた遺言ともとれるメモには
朦朧とする意識の中でたった一言が書かれていた。


「わたしはくやしい」


涙が止まらなかった。







今、八年の月日が過ぎた。

私は、大学院で挑戦の日々を送っている。
あの勉強嫌いで不良だった私を心配しつづけた母に対する
たったひとつできる償い。



それが今なのかもしれない。





追伸:
来週、久しぶりに親父に会いにいこうと思う。

スポンサーサイト

たわリス
大好きだったお母さんの死に目に会えなかったこと、
辛かったでしょうね。。。

うちの父親が病室で書き遺したメモには
『後悔をするな』とありました。
きっと自分の人生がここで終わってしまうことに
悔いがあったから書いたのだと思います。

人生があとほんの少ししかないと気づいたとき、
人は心から悔しさを感じるものなのかもしれません。

命を継いだ私たちが、その言葉を助言として受け取り
一生懸命生きていくことができれば、
少しでもその悔しさを晴らしてもらえるのではないでしょうか。
2007-01-16(火) 00:52:43 | URL | [ 編集]
tetsupin
千の風になって
有名な唄ですがいい詩だと思います。

しかし新年会でのハギ写真からわずか
1日後の日記とは思えませんっっ
2007-01-16(火) 01:06:35 | URL | [ 編集]
yahagi
勝手に泣いてしまいました。
自分の境遇も絡めてしまい感情移入してしまいました。

あにきの良き理解者だった
母上の死に目に会えなかったあにきが可哀想。

背負うなと言っても一生悔いは残り続けるでしょう。

ただ非行だったあにきが実学に建設的に向き合っているそのひたむきな姿が母上に対する最高の親孝行だよ。母上も親指立てて喜んでるよ。

大きなお世話だけど初心に戻る時は
お墓参りも行ってね。


2007-01-16(火) 02:16:59 | URL | [ 編集]
はー
難しい問題なので、多くのコメントはできません。共に大学院の勉強を頑張っていきましょう!
2007-01-16(火) 08:20:39 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>たわリスさん

>人生があとほんの少ししかないと気づいたとき、
>人は心から悔しさを感じるものなのかもしれません。

その通りかもしれません。
でも悔しさで生涯を閉じるのは悲しいことです。
きっと、そこにいるだけだと思います。

人生に後悔のないように生きていきたいと思います。
2007-01-16(火) 21:32:36 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>てっちゃん

千の風になって・・・
歌詞がいいですね。
本当にそう思いたいです。
2007-01-16(火) 21:33:51 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>はぎー

墓参りは行ってるよ。
でも「千の風になって」ではそこにはいないんだって。

泣いたのか・・・
心が綺麗なんだろうな、実はきみは。
お互いにがんばろう。
2007-01-16(火) 21:36:37 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>はーたんさん

>難しい問題なので、多くのコメントはできません

コメントしてくれてるじゃないですか。
大学院がんばりましょうね。
2007-01-16(火) 21:37:43 | URL | [ 編集]
しゃおそん&まっこい
アニキさん
全然不快になんてなりませんよ!
人柄が表れていて良い日記だと思います。
2007-01-17(水) 00:09:20 | URL | [ 編集]
アニキ@管理人
>まっこいさん

ありがとうございます。
なんか情を訴えたみたいで嫌な自分なんですけど。
2007-01-18(木) 00:39:11 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。