Can not change the past, but we can change the future.
200704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200706
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
国境を超えた友情




昨年度1年間、組織行動特論で一緒だった経営学研究科の
メンバーとボウリング大会。

休講中といえど、さすがに平日なので
予定していたよりも3人減の5人。


ボウリングなぞ、3年、いや5年以上ぶりだろうか、
何を隠そう、ボーリングっていうのはそこそこ特技です。
とりあえずラフに3ゲーム。
160台をマークしておきましたが・・・何か?
↑自慢ぢゃないよ。


外に出たらすごい雨。
世田谷地方はひょうが降ったらしい。


ということで、近所のオヤジ系飲み屋に避難。
(というかそれが目的)


熱く飲み、語り・・・
修了したあとも
彼女たちが中国に帰国しても、
誰かが結婚しても
会い続ける誓いを立てました。


こんな仲間に出会えたアノ講義、そしてアノ先生に改めて感謝。


昨年の最初の講義のころは、社会人vs若手&留学生の構図だったし、
特に留学生たちはつまらないのかな・・・と思っていた。
(実際は恥ずかしかったのだそうだ)
しかしながら、講義内容と先生のリーダーシップにより
目に見えない輪ができた。


そしてそれはとても強固で素敵なものに変わっていった。


この講義はうちら5期生はほんの一握りしか取っていなかったけど
本当に取っておいてよかったです。
それだけも、この大学院に来た意味がありました。



スポンサーサイト
速い男
私、こう見えてギリギリであとに残すのが嫌なタイプ。


何がって?
仕事ですよ。


というわけで、今年度から本研究科広報誌の編集委員になったので
その初仕事が先般の野球観戦取材記事。

早速とりかかり、早速終わりました(今しがた校了)。
社内でも社内報やウェブサイトの裏担当、社長のゴーストライターでも
あるのでこういう分野はある意味得意かも(←決して自慢ではない)。


そのわりに、編集長からは相当赤字を頂戴しましたが・・・(だめぢゃん)


記憶だけではなく、こういうずっと記録として残るものに
携われてうれしい限りです。
発行は7/7の七夕です。お楽しみに~


で、校了第1号だけに、編集長に「速い男」呼ばわりされました。



ある意味・・・・・セクハラです。



ざっくりといこう



『ざっくり分かるファイナンス』 
石野雄一著 光文社新書 :¥756 



アニキ的オススメ度 ★★★★★



最近いろいろな本を読んでいる。
といっても、ほとんどが研究に関係のあるものばかり・・・

そんな中で、同期から
これはいいよ
と勧められたのがこの本↑


ファイナンスはちょっと~という人はもとより、
MBAでファイナンスを習った人は「ああ、なるほどね」と
復習や自分の知識の確認を行える本。

内容についても本サイト左←に列挙してあるオススメの
「道具としてのファインス」の著者が書いているだけあって
折り紙つき!

その証拠にamazonでの評価もオール5です。


●経営者にとって株主資本コストよりも負債コストの方がリスクが小さい

●企業のIRの目的はWACCを下げること

●負債は節税効果

●「格付け」の影響


など、中には当たり前の話もあるけれど、
ビジネスパーソンとして備えておくスキルです。

あんまり大きい声では言いたくないけど、
はっきり言って、超オススメです。

ついに全学休講
今年2月ころから関東地方を中心に流行し出した「麻疹」。
先週の試験回避への私の願いも届かず、そのままスルーされた形となったが、


ついに今日、 全学休講 の報。


すでに、先週末ゼミ教授よりそのような予報が出されており
知るところではあったものの、本日晴れてこの珍しい現象に
お目にかかることになったわけで。


休講期間は、学内はもとより、サテライトキャンバス、山手線コンソーシアム
も全てNGとの厳戒態勢で、その期間は6/3(日)までの1週間。


とりあえず、図書館もアウトとは痛すぎますが、
体調がかなり悪化傾向だったので、(すでに今日倒れそうになった)
いい充電期間(健康回復週間)としたいかと思いまする。




努力の神
一応昨晩は、それなりに試験勉強したのですが
ランゲージの400字×4枚に予想以上に体力を奪われ、
早々に赤信号。


そのまま朝を迎え、顔は浮腫み、身体は寝不足でだるく
最悪な状況で試験会場へ・・・・


すでに宿題の回答披露は終了。
Qちゃん先生に遅れて宿題を提出すると、
「もう少し早くくればね・・・10点は損したね」とのこと。



いや、もー別にいいです (T_T)



で、試験。
ヤマを張ったわけではないけれど、
とりあえず、ペンは進み、予定時間よりも相当早く退席できた。
一応試験勉強したところとかが出て、努力の神は見放さなかったようで。
恐れていたCは回避できた模様。


その後、昼飯。
今週もチキンカツ。
450円
それなり・・・


午後は、ゼミ5回目。
6人中、私も含めて5人が発表ということで18時まで。
非常に疲れるので、来週からは半分の3人交代で発表することに。


18時からはBIZの編集会議。
今年から想い出に、メンバーに参画した私。
とりあえず働きました。そして、半ページ原稿を書きます。


終わってから、食事へ。
香港料理屋は、Kゼミ、CSRグループなどおり、
よくわからないまま、内輪でいろいろな話題に・・・
女王からは航空機業界のアレコレが聞けて
かなりタメになりました。



では、疲れたので寝ます。
また来週ーーー。


[今日の授業:]
 AM 統計学⑥10:40-12:00
  ●テスト
 PM ゼミ⑤13:10-18:00
スクープ!院生室にオバケ現る
期待していた麻疹による休校はやはり無駄な期待だったようで。
明日の試験はとにかくやるしかないようです。
昨晩も深夜まで勉強しましたが、神風が吹かない限り
やはりかなり低い点数は免れそうになく・・・・・


というわけで、ランゲージに出ました。
A期間は5月末日までなので、実質今回でファイナル。
数回発言して点を稼いでおきました(←無駄)

結構タメになった授業で今後も受けたいのだけど、これ以上の負荷は
研究、執筆、体調に影響を及ぼすので、仕方ありません。


ということで、さよーならー


終了後、院生室へ。
同期MMさんがミスチルのコンサートに行く話題をして、しばし経ち、
「明日の統計対策に朝まで寝ないでやるか」的な話になり
「でもココ幽霊でるからな~(笑)。そういやMMさん見たっけ?」
なんて話していたら、


同じく同期のMモさんが青い顔して


さっき、PCの中から演歌が聞こえてきたーーーー

って。
それは私もいたときのことだそう。

「演歌が聞こえてきて、怖いから音声絞ったら聞こえなくなった」とのこと。



・・・・・・・・・(しばし沈黙)



「あの・・・さっき隣席でイノセントワールドを小さい声で歌ってたんですが」



って結局、オバケの正体は俺かい!!

しかも 演歌 かよ





[今日の授業:ランゲージアーツ⑥18:30-21:40]
●パラグラフライティングから小論文へ
麻疹に祈る
↑という物騒かつ不謹慎なタイトルですが・・・・


今週の土曜日は統計学のテスト
このテストの結果がそのまま成績になるのだそうだ。
しかも統計だけあって、点数を入力するとそのままSやらCやら
つくとのこと。

本科目は1年の必修科目だけど、関係のない我々は結構ドン引きで、
しかも問題慣れしていないので、ほとんど点を取れる見込みなし。
そのうえ、卒業単位は十二分に足りている。


ゆえにDROPをする予定であった。


しかし、せっかくここまで出たので、
テストを受けるだけ受けて、駄目なら単位なし申請という手に
出ようかということで結論がまとまった。


Dなら仕方ないが、さすがに「C」はバツが悪い。
(しかも卒業時に会社に成績表を提出するので絶対的によくない)


ということで、先ほどから勉強を開始したのだけど
どーにもこーにも、勝負できる見込みなし。




今は、 麻疹で休校 になることを祈るのみです。
(すでに10人いるという噂だが)



科外指導
論文のことで3週間ぶりに他研究科の准教授の研究室へ。
ちょうどゼミ真っ最中であったが、いろいろな議論を聞き
大いに参考になる。

終了後、私の番になり准教授は周辺を片付けながら(笑)私の疑問に
応えてくれた。(私が押しかけている状態なので仕方ない)


大変勉強になった。


終了後、ゼミ生と先生と4人で21時すぎよりやっぱり上海へ。
話題は様々であったが、この研究科ゼミ生は1週間で1科目しか
授業をとっていないそうだ。ほかの時間はすべて研究に
充てているとのこと。

やっぱりわたしゃ、授業取りすぎだ・・・


気がつけば0時すぎまで・・・
やばい!と終電1本前で帰る。

欲入りの夢は儚く消える/嗚呼夢の6億円



今回ドリームジャンボ以上に世間の注目だったのが↑コレ。
そうそう、BIG(totoサッカーくじ)だ。

昨年度後半より11/26しか1等が出ておらず、
それ以降キャリーオーバーの嵐で、ご存知のとおり今回その繰越額が、


15億円 ヽ(゚ロ゚; ) 


そんな話題で、買うわ買うわ・・・
65億円の売り上げのうち、BIGの売り上げが61億円超!!


まあ、そんな中、私も買いましたが・・・(2口←セコ)


だいたい、コンピュータが自動で生成すること自体知らなかっただが、
よく考えれば宝くじ感覚。しかも、ゲームを見つつドキドキできると
いう宝くじにプラスアルファの期待感もあり。

まあ、14ゲームもあるわけだから確率は480万分の1だけどね。


で、今日BIGの1等が出た!!



スポーツ振興くじ(サッカーくじ、toto)を運営する日本スポーツ
振興センターは20日、19、20日のJリーグの試合を対象とした
「BIG」で、全14試合的中の1等が7口あり、
当せん金は5億6313万2913円だったと発表した。




で、私は表題の通り、2秒で終わり。(´ヘ`;)とほほ・・

金曜のランゲージで1年生が話題にしてたけど、
やっぱりアウトだろーなー。

D・R・O・P
土曜1,2限の統計学。
6月からの前期B期間は、仕事等々で6回中、3回来れないので
ドロップすることは前述の通りである。

で、A期間あと2回の今日は、非常にわかりやすい内容だった。
今まで統計を勉強したこともあったが、
「標本をとり、そこから母集団を推測する」という基礎の基礎的な
目的が、私は理解できていなかった。


これで心おきなくドロップ・・・・
と思ったら、授業後半に小テストが行われた。


「何でもみてもよい」


ということで今までの資料やテキストを見るものの、



ゼンゼンワカラナイヨー (*ω* 


と思っていたのは私だけではないようで、まわりも苦戦。
見るにみかねて来週提出に切り替えられました。

しかし、来週は試験。
この結果でCだろうがDだろうが、そのまま成績がつけられるため
ゼミが終わってから(というよりワガママを言って早く終わらせ)
16時より同期数名で試験勉強をする。

でも・・・・・


ゼンゼンワカラナイヨー (*ω* 


2年生の私たちは研究に傾注せねばならないのに、
学部の試験では~なんて言っている試験に付き合うほどの余裕はなく、
で、出した結論が、



A期間もD・R・O・P



わっしょい!わっしょい!!
まさにドロップ祭りだーーーー!!
やんや、やんや~
(↑ヤケクソ)



[今日の授業:]
 AM 統計学⑤9:00-12:00
  ●A期間総括
  ●小テスト
 PM ゼミ④13:10-16:00
ドロップ祭り



学校帰りのいつもの私の夕飯↑
(もうすぐ死ぬな俺・・・)


というわけで、仕事、学校とも忙しく
しばらくぶりでございます。



今日はランゲージ。
18:30ちょいすぎに教室へ。
この授業、原稿用紙に何枚も書く。書く。書く・・・・
それが自分の肥やしになるわけで。


が、しかし・・・


6月に入って仕事で2週連続出張が確定
金土泊まりの出張のため、確実に出席できず。
となると、あと1回で単位貰えない(3回欠席で×)ために
そんなギリギリで生きていられない私は、授業終了後先生に元へ。


そして、ザ・ドロップ宣言!!


先生は、「出れるときに出る=聴講」でもOKしてくれました。

しかも、先生は
「えーと、アニキ・・・さんですよね?」
と私のことを覚えててくれた・・・・


うむむ、こういう情に私は弱い。
先走ったか?



でも、金土出張なので、必然的に土曜日午前の授業も出れなくなるわけで。
となると、統計学(B期間)もアウトの方向へ。


これでランゲージ&統計学の2単位×2科目(計4単位分)は
ドロップ決定です。



なんか予定通りいかないな。




[今日の授業:ランゲージアーツ⑤18:30-21:40]
●地図を文字情報で説明する
●言葉の整理学




神宮の杜に集いし我等、愛校心を学ぶ



今年の六大はハンカチくんのおかげで例年より注目を浴びていると思う。
特にハンカチくんの所属する早大だけは・・・
我が母校は5/12現在第5位。
まあ0勝7敗なのだから何も言える立場にない。



泣いても笑っても最後の学生生活は今年最後となる。
そんな記念に、『六大で母校を応援しよう』という
インフォーマルな企画が立案され、本日が決行日。

集いし勇者は同期11名。
研究科長には「キミたちはホントいろんなことやるねえ」と
半ば呆れられつつあるが関係ない。


何回も言うが、今年は最後の学生生活 なのだ。
(留年しなければ・・・)


ただ学生といえど、学生席に座るほど若くない中年の男女。
まあ招待券ということもあり、第二内野ではない内野席に陣取る。

今日はとても暑かったので、体調管理に気をつけるため
とりあえずビールを飲む。そして飲む、そして飲む・・・・・



次第に何かおかしいことがわかってくる・・・
応援の数は我が校の方が多いが、応援の力・勢い・リズム・団結は
ダントツに相手の勝ちだ。




応援で負けてどうする!!
しかも選手にもモティベーションの高さが感じられない。


我々はだんだんイライラして、中年軍団の熱き応援を開始!
学生応援団を尻目に、別団として周囲の注目を浴びる存在に。
声を出すのは勿論のこと(ヤジではない)
もちろん、校歌(栄光の○○)も立って斉唱する我等。


嗚呼、それは オモシロ不良中年の姿・・・・( ̄ロ ̄ll) 


試合の方は2回に先制したが、スクイズの処理で投手がポロリし、
それがモトで3点を取られ逆転負け。
ナントナント、これで8連敗。
しかも、東大が第一試合で引き分けたため、単独最下位。



試合には負けたが、我々の中には確実に愛校心が構築され、
ある意味満足である。

そんな日曜の午後であった。



PS.私を除くみんなは23時まで飲んでいたそうな・・・
 皆若いぞ!!
5時間
午前中、統計学に四苦八苦。

途中、同期(ダブルking)がQちゃん先生に質問。

なぜかムッとしてた。
質問が嫌なのか?なぜなぜ??


昼、カツ丼
こればっか。
来週は、今日同期が食べていたポークチキン定食に行く予定。

早飯食べて、院生室で昨晩2時までかかって作成した
ゼミの発表資料をアウトプットする。
PCをよく知らない1年生がP-5で大量印刷しており、
長時間占領。殴ってやろうかと思った。


午後、ゼミ第4回。
病気欠席?の1名を除き、5人全員アウトプット出し。
私から・・・
いろいろなアドバイスをいただく、とりあえず方向性はOKのよう。

気がつけば 1人1時間の時間配分×5時間
すべて終了したのが18時半。


疲れた・・・

そして眠い・・・ZZZ



[今日の授業:]
 AM 統計学④9:00-12:00
  ●実習2 (確率論)
  ●2項分布、正規分布、標準正規分布
 PM ゼミ④13:10-18:20
 

やっぱりDrop宣言!
金曜日はランゲージの授業。
今月から配属された新任の上司、そして15日厳守の仕事に
全然着手できていない部下たちを置き去りにして、
(今日も23時まで残業コース、土曜日も出勤予定・・・)
ものすごーーーく後ろめたい気分のまま学校へ向かう。
しかたない、この出欠の厳しい授業に出なければ。


さて、これでいいのだろうか・・・・・


定時に教室に入る。
すでに半数以上が着席。
皆、仕事しているの??


本授業は、欠席3回で単位なし。
20時以降に来た人は強制退場。
という、社会人院生に配慮のかける授業

「試したいから」と言われていたが、
私たちは今年度しかないんだから、来年度のお試しじゃ困るんですけど。


とりあえず、今日を含めてあと3回(前期A期間)は頑張るつもり。
でもそのあと、2週連続出張なのでやりたくないけど、
この授業はドロップすることにします。

授業の中では、いろいろありましたが、
個人情報保護の観点から触れるのは止めておきましょう(笑)



[今日の授業:ランゲージアーツ④18:30-21:40]
●国旗、格好、間取りを文字情報で説明する


続きを読む…
再検査の結果
↑が郵送でこそっと送られてきました。
封筒が薄かったので良い方向を予想!!

封筒を開けると紙が一枚。
そこには・・・・


「先日実施しました再検査の結果、異常ありませんでしたのでお知らせ致します」


のアリガタイお言葉が。
あーよかった。



で、今日はROYの1コマ授業。
でも、仕事が佳境で行けるわけなし。
30分遅れでなんとか参入。
去年はよく出席できたな~とホント自分に感心。

授業では心理学の巨匠フロイトの理論を交えた消費者行動を学習。

「フロイトか~昔学んだな~発達心理学だったな」と思い出す。


idマーケティングというのが印象的。

■実際にしない行動をみせる広告。
 (人間を動物化、ファンタジー、性 → idに刺激)


なるほどね~
結構あるよね、こういうの。



あ、40,000アクセスありがとうございます!!
いつもココ見てくれる皆さんに感謝。


[今日の授業:消費者行動論④18:30-20:20]
●消費者行動と性格

夢は逃げない、その距離は近いか遠いかだけである。




先般の記事(研究における現時点での参考文献の冊数)に対して
ここを見てくれていて、今春他大学院修士となられた、とある方から
ご親切にアドバイスをいただいた。


●参考文献は約100冊。
●先行研究論文は50人分


だったそうだ。
私程度ではまだまだハナクソレベルである。
横っ面をグーで殴ってもらった感が・・・
(ありがとうございます)


タイトルはその方が大好きな言葉。
この胸にぐっとくる言葉を噛み締め、前進あるのみだ。



そういえば、2年になって他の同期を院生室で見かけることが少なくなった。
どうやら 私は明らかに授業をとりすぎ のようだ。

で、選別を行いA期間で半分をドロップすることにしました。
これからは研究に傾注します。



コンメソ企業訪問
以前、同期のMF商店社長から「HELP」っぽいメールが来て
義理を通す主義の私としては、若干のお手伝いに臨むことにした、


例の コンメソ (ノ゜O゜)ノ !!


今日が初の企業訪問日でした。
18:30都内某所駅前に集合。
私たちがドロップしたせいで、3名のOBの方が参入しビジネスプランの
同期2名&今回手伝い&信金担当者を入れて総勢9名。

来なくてもよかった?

とは思ったけど、とりあえず来たからにはと
適度な質問をしておきました。
(特に聞きづらい質問は暗黙知で私の担当と・・・)


先方の社長はとても良い方で
ざっくばらんにお話ししてくれました。
大変聞きづらい質問に関しても誠実に答えてくれたので
とても勉強になりました。

もちろん授業の一環なので利権は絡んでいませんが、
この企業をなんとかしてあげたいという気分になりました。


とりあえず、次回以降も当たり前のように参入してくれとのオファーを
やんわりとかわして、軽く手伝うくらいのポジショニングを確立。




で、やっぱり解散後飲みました。
(同期イチのイケメンAくん+どっか行っちゃった?と噂のKくんと)


ハンカチくんに退治さる



GWもラストのネタは コレ でしょう。
本日W-R戦が20,000人の観客を集めて行われ、
終盤追い上げたもののハンカチくんに締められ5-7で敗戦。
これで開幕5連敗。


本学の正門脇には大きな看板で
ハンカチ退治」と王子をモジッたことが書かれて
周辺では酒の肴となっていたところであったが
やっぱり食われてしまった。


それにしてもハンカチ凄い。


あのマスクが熱狂するほどか?とも思うが、
1年生で確実にマウンドに登って結果を残すところ、
やはり只者ではない。
Wの関係者は笑顔が絶えないところだろう。


と、
相手に感心している場合ではない。
明日も同カードあり。
がんばれ我が母校!!
誰かに聞きたいお年頃。
昨日は気合を入れて参考文献を読んだ。
読むペースの遅い私が1日で精読&要約4P作成。


やればできる子です私。 


で、読破した参考文献(研究に関連するもののみ)を
手元にあるものから含めて、とりあえず書きなぐってみたところ
その数・・・・・


20冊。 フッ(-_- )


この時期に、これって少ないんだろうか?やっぱ。
以前、指導教授に聞いたところ、
「50冊もいらないねぇ、でもキミの研究分野は50じゃきかないねえ」と。

ねぇ、少ないの?少ないの?
誰かに教えてもらいたい今日この頃。



名門失墜/名将は地に平伏すのか




サッカーの話題で恐縮です。
(私の興味の分野で研究題材はリーダーシップなので)


↑上の写真はいわずと知れたカリオカことラモス東京ヴェルディ監督。
本日クラブワーストの7連敗を喫した。
しかも、ここまで未勝利で最下位の水戸ホーリーホック相手になんと


1-5の大敗!! 


そりゃ、サポーターも怒るだろうと思ったら
案の定、ゴール裏では泣くわ、喧嘩するわ、物が飛ぶわ、怒号が飛び交うわ、
大変なことになっていたようだ。

一応次節(5/6)の京都戦後にラモスの進退が明らかになるらしいが、
かなり更迭が濃厚な状況であることがうかがい知れる。



この手のパターンではだいたい監督が悪となるわけであるが、
監督交代後もそのシーズンに良い成績を収めたなんて聞いたことがない。

で、私の興味は、
ラモスのカリスマ的リーダーシップに選手がついていけないのか
それとも戦術的に問題があるのか、はたまた、フロントと現場の確執か、
など深々である。


そこで、関連記事やブログを徹底的に調べてみた。


私は東京サポではないので、現場のこともよくわからないが、
結論として、問題は、旧来から取り続けている戦術にあるようだ。
いわば、DFラインでまわして、足元へのパスから個人の能力で
中央突破を図るというアレである。

時代の流れにそぐわないパターンでようやってるなという印象では
あるが、攻撃サッカーにカウンターパンチを食らうのがいつもの
パターンであるようだ。


この戦術、過去の成功事例を払拭できないリーダーがとる失敗パターン。
ラモスが陥りそうなパターンでもある。

それでも、この人はビーチサッカー世界大会で日本を4位にまで
導いた実績もある。それだけの腕は持っているのだが・・・・・


このあとどうなるのだろうか。
ラモスは人間的に尊敬できる人物なので頑張ってほしいところだが。



それにしても名門と言われたヴェルディ、何やってんだか。



(俺も研究しないで何やってんだが・・・・)


論文始動の季節



昨日の出来事もあって、そろそろ真剣に研究に取り組まねばと
この足りない脳みそとハートブレイクな心は「焦燥感満杯」である。

しかしながら、仮提出まではまだ半年あり、最終提出までは250日以上ある。

でも、そんな余裕で構えていると昨年度の4期生のように
1.12院生室の乱が起きること必至なのだ。



話はマクロ的になるが、私の所属している研究科では
①修士論文 ②調査研究 ③ビジネスプラン
の中より選択が可能である。

まず疑問に感じるのが、①②でどう違うのかということだが、
これについては、各ゼミで(正確には指導教官の視点で)認識が違う。

私のゼミの指導教授は非常に厳しい方で、
①にするなら1日17時間文献を読め!との指令が出された。
教授曰く
「他の全日制研究科や他大学院と同レベル以上のアウトプット
 を出さなければならない。それができるなら修士論文を選べ」
とのこと。

で、結局のところ、①と②は先行研究の物量が大きく違うという程度。


③についてはグループワークが基本である。
協調性に欠ける人間は、これを選択すると修了できない可能性大。




とにもかくにも、修了すれば「MBA」を語るわけだから、
その道のプロとしての論文を執筆しなければならない。

だが、私の知る一部の他大学院や本学他研究科は昨年度(つまり1年より)
執筆の指導が始まっており、本年4月よりゼミが開始された我が研究科
はかなりの出遅れ状態である。


そんな中、現在の私の状況は

・研究分野は決定
・タイトルは仮題であるが大筋これでいけそうな感じ
・先行研究から現在までの潮流は一定理解済み
・仮説までは程遠い
・質問紙を作成するまでは程遠い
・調査先企業は自社を想定しているが他社にも着手しなければならない
・SPSSどころか統計学も現在履修中


とても、とても・・・・のレベル。(←お恥ずかしい)



とにかく黄金週間を使ってどこまでできるか
ということで、同期皆さん、頑張りましょう。

指導を仰ぎ己の未熟さを知る
黄金週間真っ只中ではありつつ、今年は会社を休めない。
でも黄金週間を無駄に過ごすわけにはいかないので
私の研究に関連のある他研究科の准教授に、
研究のヒントをいただくため面談をお願いしておいた。


指定の時間まで院生室で談笑。

研究室へ行くと、ゼミ生がおり、少し話をしたあと
個別面談開始・・・・


かと思いきや
「アニキさんメシでもいかない?」


と飲みのお誘い。
(よっぽど飲みのイメージがあるのだろうか)
いやいや、研究のヒントをいただきたいのですが。

今まで調べたこと、特に研究分野での潮流をお話したところ
早速ダメ出しをいただく。
そのあと、ヒントになることをいただいたが
独立変数や従属変数に関することで、ほとんど統計学がわかって
いなければならない話ばかりだった。

しかも、そのあと、私よりかなり若い研究科ゼミ生が
入ってきて、平気にそのような話を展開している・・・・・



これは明らかにマズイ!!( ̄ロ ̄ll)  


他研究科院生と比較しても明らかに本BD科は着手が遅すぎる。
しかもこれではいい研究はできないことがよーーーくわかった。

相当気合入れて取り組まないと論文の精度は低い結果に終わりそう。
准教授からも、「この程度では修士論文のレベルじゃないよ」と
言われたし・・・


黄金週間、少しでも進めておくようにがんがります。


でもそのあと、やっぱり飲みに行っちゃったんですけど。
しかも他研究科ゼミの合宿に参画することにもなったんですけど、



大丈夫かオレーーーーー!!!(*ω* 





copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。