Can not change the past, but we can change the future.
200612<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200702
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
経営と会計



『稲盛和夫の実学―経営と会計』
稲盛和夫著 
日本経済新聞社:¥550


アニキ的オススメ度 ★★★★★


京セラ名誉会長の著者が「経営からみる会計」をテーマとして描いた同書。
27歳で同社を設立。経営・会計とも素人だった著者が、自己の疑問を
徹底的に会計を突き詰めることで同社を成長させてきた。


経営学を学ぶ私たちにとって、確実に目から鱗の気づきを得られる同書。


人間として何が正しいかを判断する」ということがポイントになっている。

・売り上げを最大に、費用を最小に
・キャッシュベース
・1対1の原則

など深い理解を得られることは間違いない。


先般受講したコストコントロールのK大教授が推奨するイチオシ図書。
ちょっと古いけれど、一読の価値あり。

電車で簡単に読めるし、超オススメです。

スポンサーサイト
微笑み返し
春一番が~
掃除したてのサッシの窓に
埃の屑を躍らせてます・・・♪



そんな季節になってまいりました。

今日は、組織行動論の授業の打ち上げ。
一年間、お疲れさまという意味と、グループエンカウンターな仲間との
最後の晩餐会。


授業以外のラフな話題・・・


大いに笑い、

大いに語らい

大いに別れを惜しみました。


この集まりもたぶん今日が最後。
今後、2年生は卒業。
我々1年生も研究科が違うのでバラバラになります。

でも中国からの留学生たちと初めていろいろ語れたり、
先生が首都高の狼?だったという事実を聞けたりして
本当に楽しかったです。


これで最後というのは惜しい。


でも


お別れです。








また新たな出会いに期待を込めて。


goodluck!


123三歩目からは
123それぞれの道
私たち、歩いていくんですね
歩いていくんですね♪

お願いとお願い
大学を通じて研究科長から一斉メールが配信された。
そこには、ブログやSNSなどによる


「情報配信(情報公開の仕方、公開内容の厳選)には十分に注意せよ」


との記述(警告)が。
どうやら先般の論文最終審査に関する記事で
誰かが変な情報を発信したらしい・・・・


俺ぢゃないよね? ( ̄ロ ̄ll) 


ま、こう見えてブログ歴は結構長い(約3年)なので
TPOは、わきまえているつもりですが、
なんせ直球で書いてますので・・・・・・

ヤバイ記述があったらこっそり教えてください。






で、本題のお願いです。




1/21の情熱大陸(中竹竜二/早稲田大学ラグビー部監督)の放送回
ビデオがDVDに録画している人がいらっしゃいましたら
どうか無償でお貸し願いたいデス。

私が研究しているテーマの話なので。
お貸しいただいた方には、アニキ特製グッズをプレゼンツ!!(←いらん?)

よろしくお願いします。
って誰もいないか・・・・


っーか、ここで告知するなって話か?



役に立つMBA 役に立たないMBA



『役に立つMBA 役に立たないMBA』 
小松俊明著 
阪急コミュニケーションズ:¥1,680


アニキ的オススメ度 ★★★☆☆


↑こんな本を読んだ。
まあ、いまさら~っていうのもあるのだけれど
今一度、自分にとってMBAの現在価値を確認しておこうかと。


本書はヘッドハンター、エージェントである著者の視点からみた
MBAの市場価値を客観的に考察している。

MBA取得へ、時間とお金と労力を投資した結果、将来どういった
リターンが期待されるのかについて明確な問題の投げかけをしている。

企業派遣、自費留学など、
主に、欧米のMBAを目指す人向けに書かれているが、
国内のMBA市場にも切り込んでいる。

まあ、その中に有名校と肩を並べる意味で わが校の名も存在してたが


本書は、MBAは万能の薬ではなく、あくまでそこで得た知識を
MBAでしか得られない差別化されたスキルとして、どのように活かすか、
そして取得後の自分のキャリア形成をどうするのか。
基本であるが考えることは多い。


特に、キャリアチェンジするならば、「取得後1年以内」という
賞味期限がついているという言葉が印象的であった。


著者は2003年に本書を書かれているが、国内MBAは5年後には
大きな需要があるだろうと予測している。
来年がその年。
国内MBAホルダーであることに未だ市場認知は不透明であるが、
国内ビジネススクールの動きは活発化してきている。


  「投資」に対する「リターン」  


入学前から考えていたことではあったが、
今後に向けてまた新たに考える気づきを与えてくれた本書は
キャリアを考える上では、一読の価値はあるだろう。

※数時間で簡単に読めます。




うーん、五分五分


↑というわけで、千葉の某所に行ってきました。
先日の資格試験の二次試験。
まあ二次試験といえど一次を通ったからではなく、
単なる実技試験。

しかも受験番号のわりに朝イチから Σ( ̄ロ ̄ll) 



で、いろいろありましたが、
結果的には



気負いすぎて・・・・・


一人カラまわり・・・・(;´д` )  



優等生的に質問に答えたのはいいが
明らかに自然体に反する俺。
(しかもしゃべりすぎーーっ)


終了後、
これでよかったのか ・・・・ 

悩みました。


ま、過ぎてしまったことはしょうがない。


諦めますか。



結果発表は3月末。

果たして私に春は来るのか・・・・



それは五分五分。








修士論文最終審査はじまる
今日から2年生は修士論文等の最終審査。
いわゆる書き上げた論文や研究に対しての口頭試問。

実際に現場を見たことはないが、
さまざまな情報から内容はわかっている。
それはまさしく・・・・

2名の副査から

メタメタのボロクソに言われる会。(;´д` )


同期は皆、聴講に行こうと話し合ったりしてたが
私は遠慮した。

だって、来年の自分のことを考えると
副査の教授からドSに突っ込まれるならまだしも、


それを下級生に見られているのは如何なものかと…?( ̄~ ̄;) 


実際にその(Mとして吊るし上げられる)立場で
下級生がニヤニヤしてたら・・・・


間違いなく ぶっとばしますね!(`Д´)


ということで、先輩べっさん(美女)にも
「来たら絶交」 と言われましたので
遠慮しておきます。


2年生の皆さん、頑張ってください。
(私も明日、別の試験がんばりまス)


研究室潜入(助教授篇)
今日は指導教官(補)となっていただく助教授の
研究室へお邪魔した。


来週に迫った飲み会のこと!!というのはほとんど言い訳で、
実は、助教授と私の研究内容がニアリーなので
その部分でも是非最新の研究者の情報をいただきたく参上したわけ。


いろいろな話をしたけれど、
研究はさまざまな視点があり難しい。


とりあえず、骨格作りからはじめる必要あり。
そのためには、亜米利加論文を読まなければならない。


助教授から勧められた参考文献がこれ




思いつきり、英文であり、
且つ、値段が・・・・


¥16,000オーバー Σ( ̄ロ ̄ll)  


とりあえず買わなければいけないと思われる。
しかも買っても無駄にならないようにしなければ・・・


とりあえず、春休みは英語に傾注します。

英雄現る


↑ということで、やっぱり話題にしました。


東国原 英夫・・・・
ひがしこくばるひでお


泣く子も黙る「宮崎県知事」。
祝当選! そのまんま東である。


12月のブログ で、応援表明をしたところ、
やっぱり県知事に立候補。
そりゃ、そうだよな。早稲田大学政経学部を中退したんだから、
このタイミングを待っていたに違いない。

それにしても、絶妙なタイミングとしかいえない。

前知事が汚職による辞任で、県民の政治に対する不信感は最高潮。
そこで宮崎出身のタレント議員が、タレント色を一切出さず、
わかりやすさと、県民に近い立場での選挙活動。

見事な戦略である。


ただし、問題はここから。
地方のド地方であるがゆえ、官民一体となっての公共事業や
100億円削るという人件費など、議会の猛反発は避けられないだろう。

正直孤立するのではないかと心配。

ここで、彼が孤立するようならば
日本の政治はやっぱりクソということだな。


理由はどうあれ
40歳を過ぎてから勤勉に勤勉を重ね、
早稲田文Ⅱを卒業、政経に再入学。

6年間で得たのは大きな知性。
初登庁挨拶で見せたあの「裏金があるなら早く出してください」との言葉。
そこで感じたのは、お笑いタレントの陰はまるでなく、
政治家の顔であった。


やはり学修の力はすごい。


是非、己の意思を突き通し、周囲に同化することなく
頑張ってほしい。本当にそう思う。



1年次授業すべて終了
今日で集中講義も終了。
ということは、必然的に後期終了。
イコール1年次の授業はこれにてすべて終了ナリ。


振り返ればあっという間だった。


4月に入学して、どうなることか・・・・と思いながら
夢中で過ごした前期。
とにかく無我夢中で仕事との両立を図った。


夏休み。
勉強会を発足して定期的に学習することによって
バーンアウトを出来るだけ抑制する。
学習のペースを維持できたことは非常に有益だった。
また、夏合宿にも参加。
大学院生活の楽しさを知り、研究会幹事会へ。


後期。
余裕が出てきつつ、結構無理して履修の幅を広げる。
課題やGWに慣れが生まれ、前期よりはうまくタイムスケジュールが
できるようになる。心にも余裕が出来た分、得るものも大きかった。



これで一年済んでしまった・・・というのは
非常に残念というのが今の正直な気持ち。

もっと、もっと勉強したかったッス。



ま、振り返りはこのくらいにして。
明日までに提出必須の課題については、

①HRM2の期末レポート (提出済み)
②HRM3.4の期末レポート (提出できる状態)
③コストコントロール1課題 (提出済み)
④本日終了のコストコントロール2課題 (これから着手)

④の課題を1/30までに終えれば、晴れて春休み。
もう少しです。


研究室潜入


金曜日に引き続き、今日、明日と集中講義。
でも課題をやらなければ・・・

う~ん・・・ラフすぎてわからん。

ということで、先週金曜日にHRMの教授で私の指導教官のI教授に
バッタリ会ったので、「聞きたいことがあるんですが」と尋ねてみた。
今日は忙しいので来週・・・ということでその場の話は終了。


そして今日。
すっかり忘れていたら、教授から

 「今日夕方空いてるから来て」 

とのメール。
呼び出されちゃいました。 (しかも会社のある時間なんですが)

とりあえず授業に出ずに、教授の研究室へ。
温かく迎えてくれました。
そこから100分。
研究の話や博士課程の話などいろいろな話をした。


教授の懐の深さ、無限に広がる知性を垣間見た時間だった。


教授はあと1年で退官されるとのこと。
実質、当研究科では最後の弟子になるわけだ。


是非とも最後にいい論文を書かなければ・・・・・
身が引き締まる思いになった。



アマゾンのロングテールは、二度笑う


『アマゾンのロングテールは、二度笑う
「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略』
鈴木貴博著(百年コンサルティング代表取締役)
講談社:¥1,680

アニキ的オススメ度 ★★★★★


ひょんなことからこの本に出会った。
内容は戦略入門。極めて読みやすいのがイイ。

タイトルのロングテールは、最近の流行という感は否めないが
我々MBAを志すものにとっては必須の用語。

第1章「イトーヨーカドーはダイエーに近づいている」では、
優良と思われている(少なくとも)ヨーカドーは
実のところ、ヨーカドーの収入の大部分はセブンから得ており、
実質の収入は極端に低いとか

「ハッスル小川直也はなぜインリン様に負けたのか」の章では、
五輪で金を獲った小川がインリンごときに負けるわけがないが
そこにエンターティナーの戦略がある。
それがオンリーワン戦略など。

第4章「なぜ外資系金融マンはBMWを買うのか」では上流を
第5章「なぜスタバはアメリカンコーヒーを駆逐したのか」では
下流層の戦略にフォーカスしています。
ドミナント戦略で他社を圧倒するなど。

第7章では、粗利益、ROS、ROAなど非常にわかりやすく説明されています。
タイトルのアマゾンのロングテールは、2:8の法則で儲かっているの
ではなく、ロングテール部分での貢献が大きい。
これがわかりやすく解説されています。

どうも「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」に似ているという印象を受けますが、
個人的には同書の方が理解が深まります。




まあいずれにせよ、決して専門書ではなく入門書の部類。
それでも一読の価値あり。

オススメです。

企業価値研究会
↑というものに属している私。

今日はその会合がありましたが、諸般の事情で欠席です。
申し訳ございません>私信


企業価値っていうと
つまりは、どんなものが影響して企業の価値が高まるのか
また高めることができるのかということを研究する会。(まんま)

どんなものがというのは
経営学に関するさまざまな事項、

つまり、
ストラテジー、マーケティング、アカウンティング、ファイナンス等々


その中で、私が取り組もうとしているのは
自分の専門研究分野であるHRM

その中でも組織行動。

モチベーション・リーダシップ

に関してです。
これらのファクターがどのように影響して価値が高まるのだろう。
メンバーのさまざまな視点からの企業価値分析。
それは企業価値を高めることとともに、自己成長を促すことにも
つながるはずです。


これから本研究会では出版プロジェクトも始動。
研究が形になるという意味でも
院生活の集大成的な楽しみです。






マジで吐きそな5秒前


今日から今年度最終授業の集中講義、コストコントロール2。

少し早く行って院生室にて課題に取り組んでいたら、
あとから来た同期H夫人に「こんなところで何やってんだ」って
なぜか怒られましたが。意味がわからん。

課題やってるんですけど、何か?



で、授業は1の時よりも圧倒的に少ない6名。
いきなり先生が遅刻したが、それから五時間にわたる、まさに集中講義!

限界原価(変動原価)、機会原価、帰属原価、埋没原価、差額原価
資本コスト
加重平均資本コスト
Discount Cash Flow
CAPM
ベータ値
サステイナブル成長率
EVA(経済的付加価値)
MVA(市場付加価値)

など盛りだくさん。
証券アナリストが当たり前にやるようなファイナンスの分野を
徹底的に五時間行いました。


計算が速すぎてとてもついていけない・・・・・


最後の方は回りも諦めてぼーっとしてたり、
笑っちゃってたりと・・・
そりゃそうだ。先生いわく、

「これで6単位分くらいの物量。これを1日でやること自体無理」

とのこと。


前期の研究科長授業のファインシャルマネジメントで
やった内容もかぶっていたので頑張って食らいついていた私ですが
最後には気持ち悪くなりました。


今も首が痛く、吐きそう。



[今日の授業:集中講義(コストコントロール2)①15:00-20:15]
●上記記載内容




メジャーデビュー


↑今日の日経朝刊に昨日で終了したコンサルメソッドのことが書かれてました。


実は私、本件で個別に日経から取材を受けて
メジャーデビューする「予定」でした。

12月に話があったので、
メジャーデビューするならばキチンとせねばいかん!と


散髪して・・・

髪染めて・・・

スーツ買って・・・

Yシャツ(工房で)買って・・・

シナリオ作って・・・


とバッチリなはずが、
いつまでたっても取材連絡が来ない。
1カ月経っても来ない・・・
今年になってやっときたと思ったら


先方の都合でキャンセルになりました Σ( ̄ロ ̄ll) 


だと。
そのとき私は

コロス! (`Д´) 

と軽い殺意が芽生えたのでした。

馬鹿でしょ?
あー馬鹿だ。馬鹿で結構だ! (`Д´) 




最終回
↑ってこのブログが終わるわけではありません。



さて今日で、コンサルメソッドも最終回。ゆえに後期授業も最終回。
最終回は、6チームそれぞれの発表会。
大学広報もカメラ3台で総力取材。

当チームは、pptが古いものを流してしまったミスもあったが
チームリーダーはじめメンバーの協力でなんとか完結に至ったのではないか。
やはりチームワークは重要ですな。


でも、教授陣の総括も含め、2を履修するのを止めようかと思ったのは
私だけでしょうか・・・・
(第1回ということで試験的な要素盛りだくさん。消化不良だったか?!)

終了後、信金の担当者に挨拶。
この1月に支店へ異動になってしまったそうだ。
今後、積極的に呼ばなければもう会うこともない。
いやいや、そんな疎遠なこと、私が許しませんよ~


そして、やっぱり飲み会。
11人+先生。
これで春まで会うこともない人が多いが、くだらない話で
笑い呑み、楽しい宴は過ぎていくわけで・・・・


しばしのお別れです。



あ、集中講義があった。

教えてください
突然ですが・・・


 「私の強み」  ってなんですか?


誰か分析してください。。



例えば、同期の重鎮Dubaiさんは、
ファイナンスや会計もさることながらpptのプレゼンはその右に出るものなし。
チョッとチョッとのAくん(失礼)は、
論理的な質問力と、わかりやすい説明力、さらに発表に大きな強みを持つ。
M藤さんは女らしさ力。Oさんは冷静さ。Iくんは論理的な切り込み。
はぎーは場を創造する力。M田くんは税務&財務力。


大学院のメンバーは、みんな大きな強みを持っている。
そしてその強みを大いに発揮している。またさらに磨きをかけている。
それは私からみても凄いことだと思う。



自分のコアコンピタンス(模倣できない強み)、
そしてその源泉がよくわかっていない私は、
まず、フラットに自分を見つめなおすところからはじめようと思う。







死と向き合う



今日、同じ課の課長の実父の告別式があり、私は会社側の手伝で参列した。


何回出ても、告別式は決して良いものではない。

一度も会ったこともないのに、ましては話をしたこともない故人なのに、
なぜか涙が止まらない。



※このあとは読む人を不快にする可能性があります。
 気分でない人は読まないでください。


続きを読む…
玉砕


↑というわけで、資格試験日です。


昨日は、そんな感じで同期打上げがあり、その流れの関係で
まったく勉強できずに当日を迎える!!という最高のシュチュエーション。


まあ今週、超多忙ながら時間をぬって最低限勉強したので
試験代3万円を取り戻しに都内某所の試験会場に行く。

で、13:30より試験開始!!
1部(90分)、2部(60分)と終え、結果は



完全玉砕!! (T_T) 



例によって、神が降りない限り無理だな。
明らかに過去問以上に難度が上がっているわけで。
15年度までなら受かる自信のある内容だったけど、
これじゃ、かなりヤバイ。


私の友人も皆「ヤバイ」って凹んでました。
(ネットで見ても、皆難しかったって)


まあ、一応1/27も二次があるんで一応やりますが・・・
記念受験 ということで、


来年、また頑張りますか。
あ、来年は修士論文でそれどころぢゃなかったよ(滝汗)



一応これで、1月地獄週間は終了。
あとは・・・

●コンサルメソッドの資料作成(水曜日H氏発表)
●コストコントロールの課題作成(1/23)
●組織行動論の課題(1/24)
●HRMの課題(1/24)
●集中講義コストコントロール2に出席

という感じか。
天城越えな心境・・・・


後期「ほぼ」終了





今日でほぼ後期の授業が終わる。
あとは新設のコンサルメゾットと集中講義を残すのみ・・・・


ということで朝9時からはHRM。
なんせ指導教官様ですから遅刻が厳禁!!だったけれど
最近、前にも書いたけど「超多忙」で遅刻ギリ(←言い訳)
ちょうど大学院棟前にて先生と出会ってギリセーフ。

最後の授業は今までの総括。
「戦略的HRMとは」という題材。
この授業は、他の科目と比較しても実務で活かせる内容で
とてもためになった。会社の戦略資料にも反映させることができ
とても感謝している。


昼は午後のシミュレーションで発表資料が足らないことが発覚!!
急遽作成したので、弁当のみ。


午後の必修科目シミュレーションも最後。
最後は第三回の株主総会。
我がチームは結果は5チーム中

 2位 

という狙い通りの順位でフィニッシュ。

大満足です。
勝因・敗因を他チームがいろいろ分析していたけれど
私たちが考える勝因は


●情報収集力(同期とのコミュニケーション力)
●首尾一貫した戦略の遂行
●チーム内組織力(結束)


であると考えます。
先生にはガッカリだったけど、その分いろいろと楽しめました。
結果的にはよかったかと。



16:30より、今度は研究会主催の冬合宿説明会。(説明者=私)
事前準備がばたばたで、集まりも難航したけど
一応終了。


18:00より、同期生によるシミュレーション打上げ(&新年会)。
今回は、同期幹事たちのご苦労で相当な会合!(景品多数)
多くの同期生が集まり、飲み食い、ゲーム、現役応援団も登場して
かなりの盛り上がり。

うちのシミュチームのイワーンが卒業写真制作委員に選ばれていた。
(オマエ卒業できるのか?まず)


それからうちのシミュレーションチーム。
2002年度経常利益、

全チームナンバー1達成! \(^▽^)/ 

ゆえに表彰されました。
いやいやサイコーです。
でも発表したO教授が、自分のクラスから出なかったので悔しかったのか、


「なんだこれ?ダセー名前」(←チーム名)

とか言ってきたので

何いってんだ、アンタ 「何をおっしゃっているんですか?」

と言っておきました。



これにて来春まで会わない人も多数。
一部の人とは研究会や、勉強会で会うけれど、
少し淋しい感じは否めない。


振り返ればあっという間の1年間。
1年生もあと少しで終わりというところだ。
今後は余計に時間の過ぎるのが早いと思うけれど、
是非大いに大学院生活をエンジョイしたものだ。



あ、例のはぎ。
やっぱりこんな感じ。



↑応援団の団長のズボンのベルトをはずすってオマエ!



今日の授業:]
 1)HRM4⑥9:00-12:10
  ・経営戦略とHRM

 2)シミュレーション 13:10-16:00
・株主総会(第三回)→2003年度、三年間の総括
  ・小テスト


  


ブランディングは終わらない



今日で「笑顔の鬼」科目のブランドマーケは終了。


最終回は今まで各チームで検討してきた「PLANS BOOK」の最終プレゼン。
先生が他校(慶應、明学、成蹊)の学部生を連れてきたのと、
私もT大学院でMBAを目指す友人が聴講したいというので許可を得て招集しました。



我がチームのブランドは  「ZETZ」 という日産のカテゴリーブランドの設定。
いわゆるレクサスの日産版。車種はスポーツカーを超えたスーパーカー。
調査の結果、富裕層でかつシニアに人気とわかり、そのMTDに向けて
コンセプトやマーケティング4Pの戦略

ポジショニング戦略
製品コンセプト戦略
マーケティングミックス戦略
マーケティング戦略

を議論、作成、修正、変更などを重ねていったわけです。

ということで、我がチームは私を含めたチョイ悪三人衆が発表担当。
予想以上に時間がなく、私のラフすぎる説明で失笑を買いました(苦笑)

しかしながら、先生からは 「コピーがいい」 とお褒めの言葉。
担当としては元ブランドマネージャーに褒められ光栄です。


すべてのチームが発表を終え、
最後に先生より1名ずつ修了証(↑写真)が手渡された。
手作りの修了証をいただき、少なからず感動がありました。
(修了ではなく「終了」となってましたが・・・汗)


チームメンバーの皆さん、半年間ありがとうございました。




帰りに同期、私の友人含めていつもの中華で飲んだら
隣にレオがOGに囲まれて飲んでいました。
確か、腰痛で動けない・・・という話だったのでは?



[今日の授業:ブランドマーケティング⑭19:00-22:30]
●PLANS BOOK最終プレセンテーション
●修了式

終焉
木曜日の組織行動論(HRM)は今日で最終回。
思えば、四月の入学して一番最初の授業であり、
約7カ月間毎週通い詰め、私が履修した数多くの授業の中で
「一番」といえる思い入れのある科目。


当該先生(I助教授)は、来年度は本研究科の授業は持たないので
先生に学ぶのは、本当にこれが最終回となる。


授業終了時には、皆が声を揃えて
「ありがとうございました!!」との感謝の言葉。


先生は淋しそうな素振りもみせず
いつものフェイスで素な表情・・・・


でも帰りに歩きながら私と散々会話して
名残惜しそうな感じは否めなかった。



この授業では、学部生上がりの経営学研究科と合同授業だったので
老若男女異業種異国含めた授業で、とても面白かったし、
もちろん勉強にもなった。


いわばファミリーみたいな絆ができたように感じる。


そこでやっぱり私が飲み会(先生の愚痴を最後に聴く会)を設定。
意外や意外、全員が出席してくれることになった。




先生泣くかな?



こんな授業が受けられて、本大学院に来て本当によかったと思う。
逆にこの授業を受けれなかった人は、ある意味機会損失だろうな。


[今日の授業:HRM2⑫(最終回)18:30-20:00]
●課題発表×2名

マズロー
昨日はとりあえず4:00まで頑張りました。
仕事とブラマやその他pptの作成。


さらに今日も仕事がピーク。Σ( ̄ロ ̄ll)


コンサルメソッドも遅刻して20:15くらいに到着。
同じチームメンバーには私が遅刻したせいで
授業後も22:30すぎまでミーティングになって申し訳ないです。


で、なぜか今日も現在1:00。Σ( ̄ロ ̄ll)


マズローの下位の欲求を満たすため
もう寝ます。
笑顔の鬼
今日から会社に出社。
こんなに長く休んだのは久しぶり。
合計11日間ですか!普通クビだな・・・


さて、会社に行ってみるとヤルコトダラケ。
年明け2週間は混乱の日々。しかし今週で後期授業も終了でヤマ場!
二重苦に苦しむ一週間確定ナリ。

やることは

①コンサルメソッドのppt資料作成(担当箇所)
②シミュレーションの株主総会最終用資料作成
③Mさんから要求されていたコストコントロールの課題作成
④企業価値研究会出版プロジェクト骨子作成
⑤土曜日の冬合宿説明会関連資料作成(議事進行含め)

これに今日召集のかかった
ブランドマーケの最終プレゼン資料。


というわけで、




↑とりあえず三号館。

笑顔の鬼 より   「課外授業しましょう」

とのスーパー有難くない大変光栄な連絡があり
はせ参じたわけで。
本来なら、明日の経営会議スプリクトを作成したり、資格試験勉強など
ここに来ている場合ぢゃないんだけど、前回も欠席したので
役割は果たさないといけないと。

さすが笑顔の鬼は、明後日最終発表なのに
どんどん直しを入れてきました。
そして


  「う~ん、だいぶよくなったね~」 (^▽^)/


だって。
このあとすごく修正せねばならないんですけど。
時間外のレクチャーですごく有難いんだけど、
心の中では皆カンベンです。(今日もグループメンバー半分しか来なかったし)



さ、今日はこれから徹夜覚悟です(T_T)



学業御守と御神籤


↑いわゆる はつもうで ってヤツです。
三が日を外して参拝したのに、なんですかこの行列は?!Σ( ̄ロ ̄ll)


今年は、本殿参拝まで大変な時間がかかって、肝心の神頼みは15秒。
これだけいて、こんな短時間で神様は願いをかなえてくれるのでしょうか?

今年は特にいろいろと頼みたいこともあったのですが
これでは聞いてもらえないでしょうな~


さて今年は久しぶりに学業の御守を購入。
別に受験するわけでもないけれど、なんとなくね。

今の御守って昔からの布に刺繍タイプ(オーソドックス)と、
キーホルダータイプがあるのね。

キーホルダーってなんかご利益なさそう(ーー )


で、御神籤をひく・・・

  

び、びみょう・・・
(ちなみにここ三年連続で大吉)

でも中身をみると
学問に関しては、

 「安心して勉学せよ」 

とのこと。
そうですか、そうですか~(^▽^)
では、昨年以上に勉学に傾注させていただきます。



来年の御神籤で、

 「凶」 修了できず、苦しむ

とならないようにね。




あー、明日から会社&学校の日々再開だ・・・
どよ~ん



HRMと労組
タイトル↑、昨日興味アリとコメント等を数通頂いたので、
ちょっと記事にしてみます。
私も以前組合三役ってのをやってたことがありますので
興味のある話題ではあります。



労働組合の目的は、労働条件の向上であり、そのための方法論として
労働供給の制限などが考えられます。

過去、団体交渉など紛争を前提としていましたが
現在は労使協議制度で交渉ではなく、経営の意思決定に参画、
労使間の情報共有、労働環境の整備を重要な活動をしています。

その背景には、働く労働者の多様化と個性化、HRMが機能
している(という主張)影響で労働組合員の組織率が
18%にまで減少 していることが挙げられます。


諸外国では、社会共産系の国はまだ労働組合は根強いですが、
その背景には政治的にデモ等(場合によってはテロに近いものも)を
起こすなど、金銭で組合を利用して動いているというモロ政治色の濃い
役割が強かったりもします。
ちなみに伝統的風土をもつ北欧諸国(スウェーデン、デンマーク、フィンランド等)
は組織率が70%台後半から90%を超えています。

現在日本においては、外資系日本企業は組合がなかったりしますし、
HRMも向上していくことを考えると、今後の労働組合のあり方や
組合役員、組合員の姿勢が大きく問われるでしょうね。

年明け初授業
←こんなランキングに登録してみた。
カテゴリー別でもベスト10に入れば相当なメジャーらしい。
皆さん、よろしくお願いします。(←何を?)



というわけで、タイトル。
冬季休暇期間も昨日で終了し、今日から授業開始なわけで・・・
でも、いきなり天気悪し。誰のせい?


昨日は昨日で、
「今日授業ないんすか?」と同期からメール。
ボケてるのか?と思ったけど本気で登校したらしい・・・


休みだろーが!!  ぐおらあ~! (`Д´) 



で、今日はゼミの先生の授業なので、やる気をアピールするために
早めの登校。こんな時間は初めてかも。
授業の最初は、DBAの話。
来年度より当研究科に博士後期課程が新設される。

DBAはPhと違い、バリューは少し落ちる。
博士後期課程では「1日17時間勉強に勤しむべし」というのが
米大学院の通説。(一例としてシカゴ大学院での話とのこと)
価値は下がっても、働きながら学ぶのであればDBAがベターか。
DBA後の進路としては社長→大学講師というのが流れとのこと。

日本の博士課程は、米で苦労の上取得された教授陣が多いので
要求レベルがかなり高く(米で取得した博士と同等レベルを要求)、
実質難しいとのこと。


米では教授と学生が一緒に食事をすることはありえない。
博士の学位を取ってようやく研究者の一員として認められ、
食事を対等にできるという価値を持つ。



・・・・・そんな話をされていました。
研究者への道はかく厳しいものなり。


昼食は
親子丼360円
寒いから旨い
70点


コンサルメソッドのランチミーティング。
隣で学生が「今日朝からS○○してきたぜー」と大声で言ってた。
コイツ馬鹿か?うちの学生か?

さて、この年末年始で相当肥えた私。
歴代最大の体重と同等。
「顔がまんまるー」と同期に笑われました。


このままでは アンパンマン化 してしまふーーー。
やせねば・・・





今日の授業:]
 1)HRM4⑤9:00-12:10
  ・雇用関係と労使関係(労働組合の役割) 

 2)シミュレーション(自習)


有休、遊休、憂休
弊社は知ってのとおり伝統的企業ですので、
昨日1/4から仕事始めです。


でもタイトル通り、私は・・・・
そういうことです。


サボっているわけではなく、
年明けは挨拶程度でダラダラ終わるし、
年内にカタつけてきたので、この際、一気に・・・
どーせ、暫く休めないし、
私は残業もつかないので、有休だけが唯一の権利。


もちろん、部下も休ませています。
(優しい上司)




さて、その間にやるべきことが。


資格試験の勉強です。
2日間(約1日半)取り組んではみたけれど


相当ヤバイ です。


時間だけが無常に過ぎていく・・・・
という表現がベターか?!

6章構成になっているのだが、
最初の3章くらいはまだよかったけど、4,5章は結構難関。
完全に時間がありません。
覚えること多すぎ・・・・・・


さて、あと10日ない!!

しかも来週は全日午前様予定で、
勉強する時間なし。
前日は新年会!!
(↑試験忘れてた・・・・)


やばい。




学びの扉は開かれている



今日は国内MBAを目指す人へのプチ情報など♪



昨年秋、本院の入学試験が実施されました。
例年事前課題が1万字以上ということで敬遠されていた(と思われる)
わが校ですが、本年度は減少。(それだけ門戸は広がった)
その影響か、入学希望者が増大!!

すでに定員の87%が秋合格。
まあ併願をしている人も多数いることだからこの中から減るでしょうし、
つまりそれを見越して、春は定員以上は余裕で取るでしょうから。


入学希望者はドシドシ受けてください。


ただし、
やっぱり入試ですから甘くはないです。
以下の心得で来てほしいと思いますね。


○目的意識を明確に
 (何のためにここに来るんですか?修了後のビジョンは?)

○仕事が忙しいのを言い訳にしない
 (グループワークが多いのでフリーライダーは嫌われます)

○デキル俺という糞なプライドは捨てる
 (デキル人はいっぱいいます。プライドは自己成長を妨げます)

○協調性をもつこと
 (協調性のない人はトラブルを招きます)

○2年間学業に傾注できること
 (学業以外の目的の人もいるようですが、確実に嫌われます)



競争バリバリという気持ちの人には合いません。

うちの院は、働きながら学び、時間のない中で学生同士が
協力し合って、励ましあって助け合って、
自己研磨へ努力していくのです。

キツイけど、めちゃ楽しいです♪ 

ここを見てうちを受けた人と
来年度一緒に学べることを楽しみにしています。
(いるのかーっ?)


あ、言っておきますが
私は学校の回し者ではないですから・・・
(そんなお手伝いも進学相談会のときやりましたが)


さてと。

結果として心配なのが

総体人数が増えた場合の来期の院生室!!

どーなるんやろ?

不安・・・
箱根の夢



今年も箱根駅伝が1/2(往路)、1/3(復路)で行われた。
箱根駅伝フリークの私がこれを見逃すわけがなく、
今年もスタートからゴールまでTVに釘付けなわけで・・・


で、今年は東海大の先行逃げ切りという競馬もビックリの戦略に
殆どの大学がついていけず。
だが、2大会MVPの順大今井くんが5区で4分以上の大差をひっくり返す
大逆転劇。復路も万事事なかれで優勝。

順大は幼少のころ、剣術を習得しに行っていたし、
中学の時の教育実習生が出場して区間賞を獲ってたので
思い入れはそれなりにある。

今年も正月の風物詩となる2日間、素晴らしいものを魅せてもらった。
やはり、生の人間ドラマにかなうものなしという感じだろうか。





となると・・・やっぱり


我が校は?

と必然的になるわけで。
調べてみると、予選会には出場しており、

2005年箱根駅伝予選会・・・26位
2006年箱根駅伝予選会・・・23位

そして今回は・・・


20位で敗退! (T_T)  



同校取材記事には、 「当面の目標だった慶應よりも先着!」と書いてある。

でも総合タイムで出場圏内より35分も遅いとは惨敗でないの?
つまり一人あたり「あと3分」は縮めないと本選出場すらできない。
出場できたとしても、このくらいのレベルでは繰り上げスタート必至!


だいたい目標が

小さい!! 

駅伝ならば、目標はあくまで本選出場ではないか?
少なくとも近年の出場実績のある大学、
「打倒!拓大、農大、帝京、明大」くらい掲げる目標をもって欲しい。

私は愛校心を人一倍持つタイプだし、その応援の気合の入りようは
只者ではないとの自負がある。だからこそ余計に頑張って欲しいのだ。



とにかく60校以上の大学がこの日を夢みて1年間自分の時間のすべてを
注ぎ込む。だからこそ価値があり、だからこそ


箱根への道は、かくに厳しいものなのでした。


いつか出場できたときには、是非沿道に応援にいきたいと思います。
ということで、「いつか」のために今から同士を募ります。


あ、その前に Σ( ̄ロ ̄ll)


この正月のユルユル生活で肥えた老体を絞るために
明日から走らなければ・・・・
始動



元旦はいろいろと慌しく忙しかった。
ま、帰省していたのですがね。
その帰りに、マイスーパーカー(国産)で大学院に寄りました。


元旦であるからこそ、精神統一 する気になってね。


正門の前に立ち(門は閉まっていたが)、
大変な一年になるのは必死でありながら、今年も頑張ろう!!
と校舎と夜空に誓ったのでありました・・・
(私はロマンチスターと言われる蟹座のO型ですが、何か?)



さて、タイトル↑。
今月にまず一発目の資格試験あり。
まったく勉強していないので、ここ2週間ほどでブッツけの勝負と
なるわけですが、それを始動。

それもこのブログを打ったら・・・(←大丈夫か?俺)

ちょいと間が空くと、ダレてきてしまうのはいけない傾向ですな。
まずもって今週は集中したいと思います。
ゆえにブログの更新はままならないかも・・・



ささ、皆さんもスタートする気になったでしょ?

え?もう勉強はじめてるって?・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 





copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。