Can not change the past, but we can change the future.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
忘れてならない事実

本日大掃除を行い、消息不明になっていた
「奨学金関係の資料」が発見されました。


もちろん、貰いっ放しではだめで、報告義務があります↓

*******************************************************

大学院給与奨学金採用者

●2008年1月31日(木)20:30までに報告書を提出(研究科事務室)

●報告書の内容は
 ・A4判2枚800文字程度書式自由

*******************************************************


だそうです。
内容についての指定はありません。
参考までに、他研究科では
「奨学金をどのように使い、どのような成果を挙げたのかまとめること」
となっています。

貰った方はお忘れないように。


スポンサーサイト
ひとりゼミ
別にBD研究会幹事長のking氏のことではありません。


研究もそろそろ仮説設定完了から、質問紙作成にかからなければ
ならないなと考えていたが、仮説の手前で行き詰まりを感じ、
今日は、指導教授にアポとって個別にひとりゼミをやっていただいた。

6つの質問を持っていったが、
2時間という時間を拝借して、だいぶいい感じになってきた。
あとは自分次第というところだろうか。


「ひとつの論文でひとつ証明できれば十分」

「研究の妥当性について文句をかましてくる人がいたら
 そんな奴には代替案を提示要求すればいい」



という最高のアドバイスも貰えました。
他にもいろいろあったけど、私はこの指導教授で本当に良かったと
強く感じました。






そのあと、図書館。
そして、研究科事務室にて奨学金の受給確認、口座の手続きを完了。
今年は少なかった。
同期36人中16人の受給。(44%)

よく通ったな俺。



そのあと、だいぶ遅れて消費者行動論に参入。
私が教室に入ったらroyが嬉しそうだったけど
もしかして狙われている?

薔薇の花が咲くのは勘弁です・・・・




[今日の授業:消費者行動論⑧19:10-20:30]
●リスク・象徴知覚

速報?!
A期間でDROPのマネアカ。
どこまでがA期間の課題ですか?とメールしたところ
しばらく返信がなかったので、同期に頼んで直に聞いてもらいました。

そしたら、メールの返信アリで
私が欠席したところまで・・・ということが判明。



そうですか・・・

やるしかないですか・・・

とりあえず4問やっつけてさよならですか・・・






と、また変な負荷がかかるな~とブルーになっていたところ
同期アパッチよりメールが。


アニキ奨学金受給なる!? Σ(゚∀゚;) 


との速報!!
マジですか?
その「!?」ってナンデスカ?


去年のリベンジついになったのか???
早速、この目で確認せねば。





奨学金リベンジ
本日の消印まで有効の奨学金。
該当者の皆さん、忘れずに提出しましたか?


私もなんとかギリで、研究計画書を書き上げ
さきほど郵便局本局で今日の消印を貰いました。


書き上げて、
封筒に入れるためにチェックしてたら


捺印はシャチハタ印不可

訂正はホワイト不可


を発見。
ありゃりゃ、両方該当しちゃっているよ。
っつーか、不可をやっちゃってますが、すでに。

一応学生部に電話して、
訂正印(もちろん朱肉印)にてOKとの話。


あぶない、あぶない。(ノ゜O゜)ノ




さて、本奨学金。
昨年は、30万円、50万円の両方に申し込んで玉砕。
駄目だった理由は、


①二兎を追って欲張りすぎた
②面接にTシャツ・ジーパンで行ってしまった
③泣きの土下座ができなかった


ということだろうか。
今年は面接がなくなったとのことなので、
②③はクリア、
欲張り攻撃もやめて、必要最低限だけ申請し①もクリア。


今年は是非ほしいです。
ホント、お願いしますyo! すがる想ひ~( ̄~ ̄;)



人間のモチベーションは報酬に大きく起因する
さて本日、奨学金受給者の発表があった。
今日は院に行かない日なので、どうしたか?と思ってたら
同期が親切に電話をくれた。ありがたい。

結果、二兎追う者は一兎も得ずというべきか、
30万円、50万円受給とも見事


ザ・落選!!


結局30万円コースは24名。
50万円コースは5名の受給だったとのこと。
しめて30名なので倍率は2倍見当というところか。

聞けば、「年収が・・・」と言われていた私であるが、
私よりも遥かに年収が高いと思われる副社長は受給。
某SEも受給。選考基準は明らかに年収ではない。
同期でダメ出しされた連中はほとんど受給。
落ちたのは、知る限りでは私含めて3名。

私の敗因を冷静に分析すると

①30万、50万とどちらか取れればいいという甘い考えを読まれた
②研究計画について論破できなかった(甘く考えていた)
③受給の必要性が薄い
④年収を正直に書いてしまった
⑤面接時に普段着で望んでしまった


いや~かなりモチベーション↓
もう大学院に寄与したいなんて気持ちはゼロ。

正直、明日の授業も行きたくありません。


【6/15追記】
確認したところ、落選者は17名でした。
ということは、当選確率63%。
私は落選ですので37%の中に見事含まれました・・・・



copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。