Can not change the past, but we can change the future.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
  

 SINCE 2006.3.30   
↑ next 100,000hit

 【LOG】

  
  カテ別BlogRanking 4位獲得
 
       アクセス解析

  プロフィール

graduate

Author:graduate
MBA(経営学修士)
認定産業カウンセラー
2研究学会所属

日々「人」に興味と関心を持って
研究をしています。

管理人へ連絡は こちら までどうぞ

★リンクどフリーです。
★このブログに関する記事内容等については、当方責任は一切とりません。写真・記事の無断転用禁じます。

  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

   ブログ内検索









スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【-------- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
経営者の資質をみた

昨日、社長から直々に呼ばれ、あるオーダーを承った。


本来は別の部長にオーダーされていたのだが、
あまりにも進捗が悪く、おキレになられ、
社内の噂を聞いて、私に白羽の矢が立ったというわけだ。

正直、私ひとりで完結できる要素はきわめて薄いため(20%程度)
大部分が人の手を借りなければならない。
非常に難しい課題。


そこで思い立ったのが、ウェブ制作会社を経営されている大学院の先輩(女性)。

思わず連絡をしてみた(それも1期上の先輩を通じて)。
起業され多くの経営者に触れ、雑誌等メディアへの露出も
されているだけあって、きめ細かい配慮、先見性、論理的な推察など
どれをとっても

「さすが」

と唸るばかり。
私の会社のでたらめなオーダーにも真摯に向き合ってくれました(感謝!)


聞けば、社長業は「楽しい」「社員はかわいい」という。

経営者たるもの、このような姿勢で臨まなければならないのだと
いう典型をみた。たぶん彼女の会社はこのまま成長されることだろう。


どこぞの会社とは大違いだ。






スポンサーサイト
今日も研修

どこの企業もそうだけど、11月は研修ラッシュ。
この繁忙期に今日も行ってきました都内某所。


某A社による体感型研修です。
詳細はここでは申し上げられませんが、
やはり実績がある企業だったので、
安心して任せられました。

弊社の受講生も、前回よりやる気をだして
取り組んでいたようです。
(ハイタッチもしてたし)


でも・・・
講師の方は終了するとそそくさと帰ってしまいました。

思うのですが、研修講師って自分の仕事が終わると
逃げるように帰って、その後お会いすることもなし。
というパターンが多いのですが、

終了後、全体の総評などしっかり企画サイドには伝え、
後日、「その後どうですか?」くらいあってもいいと思う。

そういうのがリピートにつながってくると思うんだけどな~


コンサルも講師もリピートが勝負のはずなのに・・・


まあ、このA社にリピートすることはもうないけど
ホントどうでもいい話なのですが・・・
今日も集合研修でした。
11月は研修ラッシュです。
企画運営としては、当然立ち会い、検証なども行うわけで
結構忙しい毎日です。


今日は、先方からお誘いを受けて
新橋でおでんの美味しい店に。
本当に旨かったです。


で、タイトルですが、
帰りに山手線に乗ったら、
有楽町から乗ってきました芸能人が・・・
そして私の前に立ちました。

誰かというと、


猫ひろし


ニャーと言っておきました。
思った以上に小さく、おっさんでした。
(おっさんは俺もか・・・)

だからどうしたとか言わないでください。
達成感



今日は非常に嬉しい出来事がありました。


先月、グループ某社よりデリバリ研修のオーダーがありました。
弊社にオーダーが来る意味がまったくわからなかったのですが、
「営業研修をしてほしい」との依頼。

部下たちは「自分の会社で出来ないからといって無償の
(なかば政治的な)オーダーをなんで受けるの?」と不満気味でしたが、
受けた以上は全力でやるべきだと、全員でおよそ2週間、
カリキュラム設計をゼロからはじめて研修を実施できる段まで構築してきました。

受講者の情報があまりに少なくニーズがよく把握できていなかったのですが、
直に会う機会をつくり、「営業に自信がない」ということだけは
理解できました。

毎晩遅くまで、リハ→修正を繰り返しブラッシュアップしたのですが、
メンバー各自が自身の完成度に納得がいかず、
(しかも繁忙期で他の業務とバッティングの嵐で)部内の雰囲気は最悪・・・



そして研修当日。
大部分を私が主導することにして、サブ講師をポイントで張り、
午前中は座学(知識習得)、午後はマインドを体感で学ぶ
ヒューマン系の研修としました。

受講生の皆さんが思ったより食いつきがよく、
想像以上に研修は順調に進みました。

そして、冒頭の確認で、営業を行うにあたって2/3がの受講生が
「自信がない・・・」ということでしたが、
終了時には全員が笑顔で「やってやろうという気持ちになった」と
言っていただく嬉しい結果になりました。


さらに、研修終了時に先方の責任者様より
「期待を遥かに超える内容で驚いている。
 ぜひ感謝したいので、この後お付き合いください」
という嬉しいお言葉が。

全員参加してくださり、懇親会となりました。
体調が悪かった取締役様も列席くださり、和やかに宴は進みました。


そのうえ、責任者様より
「(弊社に)このような組織があることを知らなかったし、
アニキさんのような人がいることを知らなかったのは大きな落ち度でした」
との最上級の褒め言葉を頂戴いたしました。


自分たちの志が先方に通じたこと、
受講生への最大の支援と配慮を重視し、
準備や本番、「今ここ」に全力を投じた結果が
成果に結びついた瞬間でした。


今、部下メンバーからも充実感・達成感など喜びのメールが届いています。
私自身、仕事で久しぶりに嬉しく感じられた一日であり、
改めて、いろいろと考えさせられた出来事となりました。



若者とおぢさん
今日、私の企画した研修を実施した。
2年目社員研修なのだが、その内容はどうでもよい。

終わってから弊社の社長が
「彼らと飲みたいのだがセッティングしていないのか」と
わがまま爆発したので、セットする。(サラリーマンなので)

その飲みの席にて、
女子社員が「わたし、じゅんいち好きなんですよね」

その言葉に即、私
「へー、しぶいね。石田純一好きなんて」

女子社員「・・・・・・・」


さて、女子社員はどの「じゅんいち」が好きと言ったのでしょうか?

①石田純一
②井上純一
③新田純一

同世代に聞くとこの順でした。


答えは、④V6の岡田准一でした。

嗚呼、おぢさんな俺。




copyright 2006 Aniking Plus。 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by merchorcano.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。